ヨガの”逆転のポーズ”の1つ「鋤(すき)のポーズ」の効果と方法

ヨガには逆転のポーズというものがあり、その逆転のポーズの一種としてあげられるのが鋤のポーズ(すきのポーズ)です。今回はそんな鋤のポーズの特徴や効果、自宅で実践する際の正しい方法などについてご紹介していきます。

鋤のポーズ(すきのポーズ)って何?

Yoga seria: Halasana or Plow Pose is an asana.

ヨガには逆転のポーズというものが存在します。
逆転のポーズとは、逆立ちと同等の効果が得られるポーズのことをいいます。
逆転のポーズでは、重力に逆らった体勢になることから、一般的な立ったり座ったりして行うポーズでは得ることができない効果を期待することができます。

そんな逆転のポーズの一種としてあげられるのが、今回のテーマである鋤のポーズです。
鋤のポーズは数種類ある逆転のポーズの中でも難易度が低く、初心者の方でも挑戦しやすいことから、とってもおすすめ。
精神面や身体面において様々な効果を期待することができ、心と身体の健康維持にも役立ってくれます。

参考:ヨガJP

 

鋤のポーズで期待できる効果

血行促進

Fit woman high body flexibility stretching her leg and back to warm up doing aerobics gymnastics exercises at home.

鋤のポーズでは、血液の停滞しがちな下半身が上半身よりも上の位置にくるため、下半身の血液の流れを促すことができ、結果として全身の血行促進を図ることができます。

 

冷え性への効果

Hair Removal Concept. Closeup Of Beautiful Woman's Hand With Natural Manicure Touching Sexy Long Legs. Young Female Touching Her Perfect Hairless Smooth Soft And Silky Skin. Beauty Body Care Concept

鋤のポーズを行うと、血行が促進されて、身体の隅々まで血液が行き届くようになります。
その結果、血行不良によって引き起こされる冷え性の予防・改善に役立ちます。

 

むくみへの効果

Young woman outstretching her arms sitting on the bed after good night sleep, unwilling to get up and leave her comfortable nest, entering a day happy and relaxed, ready for productive work. Rear view

鋤のポーズでは、リンパの流れを良くすることもできます。
リンパの流れが良くなれば、リンパの中に蓄積している水分や老廃物の排出も促されるようになり、むくみの予防・改善につながります。

このほかにも、鋤のポーズは、肩こりや首の痛み、眼精疲労や内臓不調、下半身や背中の疲れにも効果的です。
お腹の引き締め効果もあり、ウエストサイズや下っ腹に悩んでいる方にもおすすめです。

参考:ヨガライフ東京

 

鋤のポーズの正しいやり方

Side view of young attractive woman practicing yoga, stretching in Halasana exercise, Plough pose, working out wearing sportswear, pants and top, indoor full length, white loft studio background

  1. 仰向けに寝ます。
  2. 両腕を真っ直ぐ伸ばして、身体の両サイドにぴったりとくっつけます。
  3. 手の平を床につけたら、息を吸いながら地面に対して90度になるまで両脚を上げます。
  4. 息を吐き出しながら腰、お尻、背中の順に身体を床から剥がしていき、足先を頭の上の床につけます。
  5. ④の体勢を30秒間キープします。
  6. 息を吸いながら背中、腰、お尻の順番で下半身床に戻していきましょう。

参考:YOGA.JP

 

はじめて鋤のポーズを行う際、うまく下半身を持ち上げられない場合があります。
そんなときは手に力を入れて身体を支えてあげれば、うまくいきやすいですよ。
是非、試してみてくださいね。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。