関西の人気『お花見スポット』まとめ!春はキレイな桜を堪能しよう。

厳しい寒さが弱まり、だんだんと暖かい季節になってくると、お花見が楽しみになります。どうせ桜を見るのであれば、キレイな桜が見られるスポットに行きたいですよね。今回は、人気のお花見スポット関西版をご紹介します!

毛馬桜之宮公園(大阪市北区)


babyshazam
babyshazam

春になると、大川の洗堰から天満橋までの川沿いに、およそ4,800本の桜が咲き誇ります。

長さにして約4㎞の桜並木が咲き誇る様子は圧巻で、お散歩しながらのお花見にも丁度よいでしょう。
桜の開花に合わせて屋台も並ぶので、まるでお祭り気分でお花見が楽しめそうです。
有人であれば場所取りは可能ですが、便利な場所をキープしたいのであれば、早朝に場所取りしたほうが良いかもしれません。

参考:大阪市 花と緑の情報サイト

 

淀川河川公園 背割堤地区(京都府八幡市)


kyoto_1986
kyoto_1986

淀川河川公園の中でも桜で有名な場所が、宇治川と木津川を分けるように背割堤が築かれている地区です。
約1.4㎞におよそ250本のソメイヨシノが咲き、満開の時期には桜のトンネルになります。
2017年3月25日には、25メートルの高さから桜並木を一望できる展望塔を備えた「さくらであい館」もオープン予定。
今年からは桜のトンネルを通るだけでなく、上から一望することもできます。

参考:淀川河川公園

 

総本山 醍醐寺


nagomi8739
nagomi8739

世界文化遺産として登録されている醍醐寺は紅葉で有名ですが、桜の季節にもまた異なった美しい一面を見ることができます。
広い境内の中にはおよそ1,000本の「醍醐の桜」が点在しており、中でも有名なのは霊宝館のシダレザクラ
風情ある境内の様子と華麗な桜たちが、美しい空間を作り出しています。
ゆっくりと醍醐寺の観光も楽しみながら、お花見も楽しめるスポットです。

参考:世界遺産 京都 醍醐寺

 

万博記念公園


mp.ig.y_r_s_e_k.seven.fam
mp.ig.y_r_s_e_k.seven.fam

1970年に開催された大阪万博の跡地を整備した公園で、季節の花々が楽しめる名所
春の季節には、広大な園内におよそ5,500本もの桜が咲き、シーズン中はライトアップも行われます。
園内を美しいピンク色に染める桜と、太陽の塔とのコラボレーションも楽しむことができます。
シーズン中には屋台の出店もあり、手ぶらで行ってBBQなどを行うことができるため、大人数でお花見を楽しみたいときにも良いですね。

参考:万博記念公園

 

Cherry Blossom at Sakura in Japan.

今回は関西のお花見スポット4か所をご紹介しました。
ご紹介したもの以外にも、全国にはまだまだたくさんのお花見スポットがあります。
これからの季節、お花見を楽しんだり、美しい桜に癒されてみてはいかがでしょうか。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。