『夜ヨガ』健康への効果って?一日の終わりに行いたいヨガポーズ3選

最近では、ダイエットとしても注目を集めているヨガ。1日の活動を活発にするための朝ヨガとは違い、夜ヨガは安眠へと導いてくれるので、夜眠れない方に特におすすめです。日夜実践することがより高いヨガ効果が期待できるそうです。今回は、夜ヨガの効果と初心者でも挑戦しやすい3つのおすすめポーズをご紹介します。

夜ヨガの効果

Woman doing yoga exercise

  • 快眠
  • 代謝アップ
  • 心身のリラックス
  • 姿勢の改善
  • 自律神経の改善

夜ヨガを行うことにより、身体の血行をほぐしながら心身のリラックスを図ることが期待できます。

基礎代謝も続けることで上がっていくので、ダイエットをしている女性には嬉しいですね。

また、ヨガは自立神経のバランスを整える働きがあり、副交感神経が活発化します。
リラックスする機能を活性化してくれるのでオススメです。

 

 

賢者のねじりのポーズ

Woman practicing yoga near waterfall. Twisted lotusl Pose. Bharadvajasana

  1. 横座りで両足を右側に出し、右の足首を左の足裏にのせる
  2. 左手を右膝の上、右手はお尻の後ろの床に置き、息を吸って背筋を伸ばす
  3. 息を吐きながら上半身を右にねじり、そのまま姿勢をキープ。5回ほど深呼吸する

初心者や体の硬い方でも、安心して行うことができるねじりポーズです。
しっかりと背骨を伸ばしてねじることで、腰や背中の疲れや、便秘の解消などの効果が期待できます。

 

壁を使った肩立ちのポーズ

woman making yoga in shoulderstand pose on mat

  1. お尻を壁につけて寝転び、両脚を天井へ伸ばす(首の後ろは真っ直ぐになるように)
  2. 両手を床につけ、肩の上に骨盤がくるようにお尻を持ち上げていく
  3. 両膝をしっかり閉じ、1分間キープ
  4. ゆっくりと腰を下ろして数呼吸休み、両膝を曲げて右側へ体を倒しさらに数呼吸する
  5. 仰向けに戻り1分ほど休む

一見難しそうな逆転のポーズですが、壁を使うことで無理なくリラックスして行えます。
全身の疲れ内臓の不調、仕事でむくんだ脚の引き締めにも効果的です。

 

横たわった合せきのポーズ

Young sporty woman practicing yoga, lying in Reclined Butterfly exercise, supta baddha konasana pose, working out, wearing sportswear, black tank top, shorts, full length, floor window with city view

  1. 膝を曲げ、足の裏を床につけて座る
  2. 畳んだブランケットやクッションを座骨の後ろに置き、背中と頭をのせて静かに仰向けになる
  3. 足裏を合わせて膝を広げ、深い呼吸を行いながらリラックスする

肩や胸股関節ももやヒップの緊張を緩め、呼吸法が深まるポーズです。
次第に心と体がリラックスした状態となり、寝つきも良くなります。

 

 

 

 

Young beautiful eastern woman doing yoga on bed indoor in apartment - relaxing, meditation, quiet concept

ベッドの上での数分間のヨガポーズが、一日の疲れを癒し安眠へと導いてくれます。

自分の気持ちが穏やかになる夜に行うヨガは、より効果が得られやすいですよ!

ぜひ、一日の終わりに夜ヨガを取り入れてみてくださいね。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。