健康維持には”はちみつ”!はちみつを使って風邪の症状、美容効果にも?

3月8日は「ミツバチの日」。ということで”はちみつ”についてご紹介します。はちみつは健康にも良いとされていて、なんと美容効果も期待できるんだとか。体に良いイメージはあったけど、詳しく知らないかたは必見です。はちみつの風邪への効果、はちみつをうまく取り入れる方法についてご紹介していきます。

はちみつを食べれば風邪の治りが早くなる!

Honey in jar with honeycomb and wooden drizzler

はちみつには抗炎症作用があり、風邪による喉の炎症の緩和を図ることができます。

また、はちみつには抗菌作用もあり、風邪のウイルスを体内から撃退するのにも役立ってくれます。
さらに、はちみつに含まれるビタミンCには免疫力を向上させる効果があり、身体の回復力を高めて、風邪の治りを早くしてくれます。

こういったはちみつの効果は古くから知られており、はちみつを使った民間療法も多数存在します。
以下では、そんなはちみつを使った民間療法の中から、風邪に効果的なレシピをご紹介します。

参考:ヘルスケア大学

 

はちみつジンジャ―


n_misako
n_misako

生姜には、はちみつと同じく免疫力の向上に役立つ成分が含まれています。
また、身体を温める作用もあるため、冷えを感じやすい風邪のときにぴったりの食材といえます。

はちみつジンジャーにしてはちみつと一緒に摂取すれば、身体の回復力がアップし、風邪の治りも早くなりますよ。

 

大根はちみつ


ono223
ono223

大根に含まれる酵素には抗炎症作用があり、風邪による喉の痛みを緩和させるのに効果的です。

また、大根には免疫力の向上に役立つビタミンCもたっぷり含まれており、風邪の治りを早くするのにも役立ってくれます。
そんな大根を使った大根はちみつは、古くから親しまれてきた民間療法のひとつ。
甘くて食べやすいので、小さなお子様にもおすすめです。

傷も治せる?!

Running injury leg accident- sport woman runner hurting holding painful sprained ankle in pain. Female athlete with joint or muscle soreness and problem feeling ache in her lower body.

患部に塗れば、抗菌効果によって傷の回復を早めることもできます。
ケガや風邪などの炎症を防ぐ効果があるので、早くなるといわれています。

美容パックとしても使える

 

Woman having honey facial massage at spa salon

保湿効果や抗酸化作用があるので、美容効果も期待できます。
美容パックとして使うことで、保湿効果、シミ・しわを防ぐ効果もあるといわれているんです。

Honey in jar with honey dipper on black stone background

風邪をひいたときは、はちみつを使ってみましょう。
食べるだけで風邪の症状を緩和させることができるので、仕事や家事が休めないときにもおすすめです。

美容効果も期待できるので、日常的にはちみつを取り入れていきたいですね。

 

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。