あずき水って何?オーガニック小豆を使ったレシピや効果をご紹介♪

韓国や台湾から火がついたダイエットや健康方法の一つである「あずき水」をご存知ですか?食事前に小豆を煮出して作ったお水をコップ一杯飲むだけ。今回はさらに、栄養価が高く体にも嬉しいオーガニック小豆を使ったレシピや効能を一挙ご紹介します。

小豆の効能って?

Adzuki beans

小豆は、以下のような多くの栄養素を含んでいる豆製品です。

  • 冷えの原因である血行不良や貧血などに効く「ビタミンE」や「鉄分」
  • 血液中の塩分をコントロールしてくれる「カリウム」
  • 体内の水分バランスを調整してくれる「サポニン」
  • 女性の美をサポートする栄養素「たんぱく質
  • 代謝を促す「ビタミンB群」
  • 腸内環境を整える食物繊維
  • 抗酸化作用があり美白や血行促進などに効果の高い「ポリフェノール」

参考:ヘルスケア大学

 

あずき水の作り方

red beans drink

 材料(約2日分)

  • あずき…100g
  • 熱湯…1500ml

 

 作り方

  1. 鍋にあずきと水を入れて火にかけ、沸騰したら弱火にして30分煮る
  2. ざるや茶こしなどであずきを漉して完成

Close up of red beans soaked in water

作ったあずき水は傷みやすいので、賞味期限は2日を目安にして飲みきるようにしましょう。

30分以上煮出すことであずきのポリフェノールが溶け出し、ポリフェノールたっぷりのあずき水に仕上がります。

また、煮汁から浮いてくる泡にはむくみに効果的な「サポニン」が多く含まれているので、なるべく取り除かずにそのまま飲むようにして下さい。

渋みが気になる方は煮出す前に、あずきを空炒りしておくとタンニンなどの渋み成分の構造が変わるので渋みが取れて甘みが増し、まろやかなあずき水になります。

参考:レシピブログ

 

あずき水の効果

red beans drink

あずき水を飲み続けることによって、あずきに含まれているたくさんのポリフェノールが食事で摂った糖を分解して、体内へ吸収されるのを抑えるため、ダイエット効果が期待できます。

また、あずきを煮るとポリフェノール以外にも、糖質などの代謝に欠かせないビタミンB1、利尿作用のあるサポニンやカリウムが溶け出すので、むくみを予防する効果も期待できます。

ダイエット効果を高める為に必要なポリフェノールは150~300mgと言われていますので、コップ一杯ほどのあずき水を食事の前に取るのがおすすめです。

参考:ヘルスケア大学

 

red beans drink

残ったあずきは、ご飯に混ぜたり、かぼちゃサラダを作るときに混ぜると無駄になりませんね。

日々の生活に取り入れやすい健康法やダイエット法なので、ぜひ気軽に試してみてはいかがでしょうか。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。