ヨガの蓮華座ができるといいのはなぜ?やり方とその効果とは。

ヨガの蓮華座をみなさんご存知でしょうか。ヨガの瞑想しているシーンを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。実は瞑想するという効果だけではなく様々な効果が期待できるんです。蓮華座の正しいやり方と効果をお伝えします。

蓮華座とは

young woman enjoying meditation and yoga on green grass in the summer on nature

サンスクリット語でパドマーサナと言います。

パドマは蓮華という意味をさします。
ヨガを象徴するポーズの一つです

ただの座禅の1種ではなく様々な効果が期待できるポーズなのです。

参考:日本版ヨガジャーナル

 

蓮華座をするとどうなるのか

Breathe.

まずは足首が柔軟になります。

お尻や背筋が伸ばされ、筋力アップにつながります。
また、背筋が伸ばされると、胸が広がり深い呼吸ができるようになります

深い呼吸は自律神経に良い影響をもたらすとされています。
内臓の位置も正され、消化器系の働きが良くなるとされています

参考:ヨガスタジオノア

蓮華座の期待できる効果骨盤、腹部、膀胱の活性化

Young people do yoga indoors

  • 足首と膝のストレッチ
  • 月経時の不快な症状の緩和
  • 座骨神経痛の緩和
  • 出産が楽になる
  • 脳を休める
  • 自律神経への良い影響
  • 消化器系の活性化

参考:日本版ヨガジャーナル

 

蓮華座のやり方

Photo of a young woman in her twenties doing yoga and the lotus position.

  1. 足を引き寄せて、膝を曲げて横におろします。
  2. 同側の手で足首を持ちます。
  3. 反対側の足をまっすぐにしますが、これを手で行います。
  4. 足首が曲がっていないか確認しましょう。
  5. 足を体に引き寄せます。
  6. 足首を内側から回し上げるように足をおろしましょう。
  7. 反対側の足を外側に回すようにたおします。
  8. 膝小僧が横を向くようにします。
  9. 膝を曲げながら、脚を開いて体に引き寄せます。
  10. 同側の足首をすくいあげるように持ちます。
  11. 反対側の手で足首をまっすぐにしてつま先を伸ばします。
  12. 足を体に引き寄せます。
  13. 脚をおろすときは、足首を内側から回し上げるようにしましょう。

足首からつまさきまでを足、股関節から足首までを脚として使い分けています。

参考:日本版ヨガジャーナル

 

蓮華座の注意点

Young woman doing yoga exercise on beach near the sea at sunset in summer, face is not visible

足首や膝に故障がある人は行わないようにしましょう。

中級から上級のポーズとされているので無理に行わないようにしましょう。

最初から両足を組むのが難しいようであれば、片足で行う半蓮華座から挑戦してみましょう。

参考:日本版ヨガジャーナル

 

時間も場所もとらずにご自宅でも簡単にできますね。

一日のどこかで時間をとってゆっくりポーズをとるのもおすすめです。

ぜひ挑戦してみて下さいね。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。