デスクワークでも安心!座りながら実践できる脚のむくみ対策

デスクワークなどの長時間座りっぱなしの仕事をしていると、どうしても脚がむくんでしまうものです。しかし、長時間座りっぱなしでもちょっとした対策を行うことで、脚のむくみを予防・改善することが可能です。そこで今回は、座りながら実践できる脚のむくみ対策についてご紹介します。

長時間座りながら仕事していると脚がむくむ理由

Massage sore calf pain relief.
Female calf during a massage

長時間座りながら仕事していると、重力の影響によって静脈やリンパの流れが悪化します。
その結果、下半身に水分や老廃物が蓄積しがちになり、むくみの原因となります。
専門家によれば、2時間座りながら仕事していると、ペットボトル約1本分もの水分が脚に溜まってしまうのだといいます。
夕方、脚がパンパンになってしまうという女性が多いというのにも、納得ですよね。

座りながらできる脚のむくみ対策

水を飲む

Young woman drinking water after jogging

脚のむくみを対策するためには、こまめな水分補給を心掛けましょう。
水を飲むと、停滞した血液やリンパの流れを促進させることができます。
ただし、冷たい水はかえって身体を冷やしてしまい、血流やリンパの流れを悪化させてしまうので、おすすめできません。
常温、もしくは温めた水を1日2リットル飲むのが理想とされています。

脚をあげる工夫をする

Long woman legs on sofa.

椅子に座りながら長時間仕事をする場合は、脚を腰よりも高い位置に持ってくることで、むくみの対策になるといいます。
椅子などの足置きを用意して、血液やリンパが下半身に停滞するのを防ぎましょう。

むくみ対策グッズを使用する

Soft cozy photo of woman in warm sweater on the bed with cup of tea in hands, top view point. Composition with warm plaid, cup of hot drink and female legs

弾力のあるストッキングや靴下を履くと、足首やふくらはぎの筋肉が適度に刺激を受け、血液やリンパの流れを促してくれます。
近年では、脚のむくみ対策用のストッキングや靴下も豊富に販売されているので、そういったアイテムを活用してみるのもおすすめです。

座りながらできる!脚のむくみに効果的なマッサージ

Tired businesswoman with joint ache touching her ankle sitting on a couch at home

足首、ひざ裏、そけい部の3つには、リンパのゴミ箱とも呼ばれている重要なリンパ節があります。
この3つを少しでも刺激してあげれば、リンパの流れが促進され、脚のむくみ対策につながります。

足首は、床に付けた足先を軸にして360度回転させるようなイメージで左右にねじって刺激しましょう。
膝裏とそけい部は、親指で適度な圧を加えるように優しくマッサージするのが効果的です。

「脚のむくみに悩んでいるけど、座りながらの仕事だし仕方がない…」と諦めていた方は、是非とも今回ご紹介した対策を実践してみてください。
脚のむくみの緩和を図ることができますよ。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。