コラーゲンを多く含む食材とは?効果的な摂取方法・注意点

肌のハリや弾力、健康に効果的と言われているコラーゲン。女性にとってはとても魅力的な言葉でもありますよね。そんなコラーゲンは、どのような食材に多く含まれているのでしょうか。今回は、コラーゲンについてご紹介します。

コラーゲンが多く含まれる食材とは

よく「コラーゲン豊富」などという謳い文句の料理を目にしますが、どの部分がコラーゲンなのか意識したことはありますか?

その目安としては、冷めたときにゼラチン状のぷるぷるした状態になるものです。
コラーゲンが多く含まれている食材は次のようなものがあげられます。
mg数は100g中のコラーゲン量となっています。

Table set with shark fin soup

  • 手羽先 1550mg
  • 鶏軟骨 4000mg
  • 牛すじ 4980mg
  • フカヒレ 9920mg

フカヒレ以外は身近ではありますが、毎日は食べないものばかりかと思います。
他にも次のようなものに含まれています。

Raw salmon steak and vegetables for cooking on a light wooden background in a rustic style. Top view

  • サケ(皮つき) 2410mg
  • 真アジの開き 1010mg
  • サンマの開き(皮つき) 2230mg

魚と組み合わせれば、比較的毎日摂取しやすくなるかと思います。

 

コラーゲンの効果的な摂取方法

Glass of orange juice.

コラーゲンはそれだけで摂取するよりも、以下の3つの成分と一緒に摂取するのがおすすめです。

  • コラーゲンを安定させるビタミンC
  • コラーゲンの元であるアミノ酸を生成するトリプトファン
  • コラーゲン繊維を引き締めるエラスチン

どれも美容健康には大切な成分ばかりですね。

参考:スキンケア大学

 

コラーゲンの過剰摂取に注意!

Dietary supplement capsules and container.

コラーゲンの摂取方法には、食品以外にもサプリメントでの摂取があり、こちらの方が簡単ではありますよね。

しかし、コラーゲンの過剰摂取には要注意です。
コラーゲンはタンパク質と同じように肝臓で分解されます。
そのため、コラーゲンを過剰摂取してしまうと肝臓への負担が大きくなってしまうのです。
摂れば摂るほど良いというわけではないようです。

 

 

1日あたりの目安摂取量について

Sushi. Woman hand with Japanese sticks.. Sushi set at plate on wood table.

コラーゲンの摂取目安は、1日5〜10gと言われています。
しかし、日本人の平均摂取量は1.9gと極めて少ないのです。
健康のために摂取するという方は5gを目安に、美容のために摂取する方は10gを目安に摂取すると良いでしょう。

食べ物だけでこの量を摂取するのは難しいので、サプリメントを上手に活用しても良いかもしれませんね。

参考:スキンケア大学
女性にとって「コラーゲン」はとても魅力的な成分でしょう。
過剰摂取に注意しながら、コラーゲンを摂取できるレシピを考えてみたいですね。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。