健康野菜『ビーツ』で疲労回復!ヘルシーサラダレシピもご紹介

ビーツとは、ロシアの伝統料理によく使われる赤いカブのこと。栄養がたっぷり含まれているビーツは、疲労回復に役立つ「奇跡の野菜」とも言われています。ビーツの栄養と、その効果、ビーツを使ったおすすめのレシピをご紹介します。

 ビーツってどんな野菜?

Fresh beet on wooden background

ビーツとは、ロシアの伝統料理に多く使われる赤いカブのこと。
日本では、甜菜(てんさい)の原料にもなっています。

日本人にはあまり馴染みのない野菜ですが、ヨーロッパなどを中心に、体によい野菜として人気の食材です。

疲労回復などの健康効果が高いことで、「奇跡の野菜」とも言われているんです。

参考:スキンケア大学

 

 ビーツの栄養と効果

ビーツに含まれている成分と、疲労回復効果をご紹介します。

 

 NO(一酸化窒素)

Profile of a beautiful woman relaxing lying on a couch at home

一酸化窒素は、血液の流れをよくして、血管全体の筋肉をしなやかに拡張させる作用があります。

血液量を増やし、体内の酸素を効率よく使う手助けをするため、疲労を回復する効果が期待できます。
また、基礎代謝を高めることで、ダイエットにもつながります。

 

 オリゴ糖や食物繊維

people, beauty, health and body care concept - close up of woman pointing finger at her abs over green background

オリゴ糖や食物繊維は、腸内環境を整える作用があります。

老廃物やコレステロールを体外に排泄する働きもあるため、便秘や下痢の緩和にも役立ちます。

 

ベタイン

Friends having a round of drinks in a pub

ベタインは、肝臓の機能を高める働きがあります。

肝臓に脂肪をつけにくくする働きもあるので、肝硬変や肝脂肪を予防するとも言われています。
喫煙や飲酒が原因で肝臓に負担がかかっている人にも、おすすめの食材です。

 

 ビーツを使ったサラダレシピ

fresh beet juice with mint leaf in a glass

ビーツは、様々な料理に使用できますが、簡単に取り入れたいならサラダがおすすめ!

 

 ビーツとキヌアのサラダ

出典:レシピブログ

<材料>

  • ビーツ 150g
  • キヌア 大さじ3
  • きゅうり 1本
  • ※バジル
  • ※オリーブオイル 大さじ2
  • ※塩 小さじ1/4
  • ※ブラックペッパー 適量

<作り方>

  1. ビーツの葉と根を切り落とし、酢を少し入れたお湯に皮ごと入れて30分程度茹でる。
  2. ビーツが柔らかくなったら、皮を剥き、水分をしっかり切る。
  3. ※の材料をボウルに合わせ、きゅうりと1を加えて和える。
  4. 器に薄切りにしたビーツと3を交互に盛り付けて、出来上がり!

参考:レシピブログ

 

ビーツには、たくさんの栄養が含まれています。
彩りもよいので、料理の見た目も華やかになりますよ。

スーパーなどで見かけたら、ぜひ使ってみてくださいね。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。