冬ってなんだか老けて見える?気になる小じわの原因と対策

冬になると急に小じわが気になる、老けて見えるという悩みをお持ちの方もいるでしょう。夏と同じケアをしていてもなかなか改善されない冬の小じわ。その原因は何なのでしょうか。また、どのような対策が効果的なのでしょうか。今回は、冬の小じわについてご紹介します。

冬にできる小じわの原因とは

woman reflexion in mirror

乾燥による潤い不足

これはなんとなく想像できるかと思います。
肌は上から、表皮・真皮・皮下組織という構造になっています。
冬になり肌が乾燥すると、表皮で蓄えられているセラミド(細胞間脂質)やNMF(天然保湿因子)などのバランスが崩れます。
それにより潤いを失った肌には、小じわができてしまうのです。

 

血行不良による栄養不足

冬になり気温が下がると、その寒さにより血行が悪くなります。
血液と一緒に栄養も運ばれているのですが、血行不良になることで栄養が肌全体に行き渡りにくくなります。
それにより、スキンケアの効果を感じにくくなったり、肌の生まれ変わりがうまくいかなくなったりして、小じわができてしまうのです。

参考:スキンケア大学

 

スキンケアによる対策

化粧水の重ね付け

beautiful woman applying cosmetic cream

上述したように、表皮の潤い不足によって小じわが生じてしまいます。
そのため、化粧水をいつもよりたくさんつけることで、失われた潤いを補ってあげましょう。
セラミドやNMFが配合された化粧水がおすすめです。

 

マッサージ

Woman looking on reflection in the mirror after shower

マッサージには血行促進の効果があります。
さらに、表情筋を刺激するので、寒さによって硬くなった筋肉をほぐすことも可能です。
そのため、表皮にできる小じわだけでなく、真皮にできるしわ筋肉の衰えによってできるしわにも効果が期待できるでしょう。

 

 

メイクによる対策

下地を使い分ける

cosmetics, makeup and beauty concept - close up of makeup stuff

ファンデーションを使う前の下地ですが、これはベースメイクの土台となる部分です。
乾燥する部分には保湿の下地を、テカリが気になる部分には皮脂を抑える下地を使うなど、場所によって使い分けるのが良いでしょう。

 

リキッドファンデ+オイル

Makeup sponge with liquid foundation on blue background

どんなに水分補給をしても、それが蒸発してしまっては意味がありません。
そのため、乾燥がひどい方はリキッドファンデーションにオイルを混ぜることで水分の蒸発を防ぎ保湿力をアップさせることができるので、日中の小じわ対策になりますよ。

参考:美肌総合研究所

 

Beautiful brunette woman removing makeup from her face

小じわがあるとメイクも上手にできなくなり、マイナスなことばかりですよね。
しっかり対策をして、小じわが本格的なしわにならないようにしましょう。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。