冬は髪の毛が乾燥しがち!ダメージ軽減のヘアケア方法とは?

冬になるといつも以上に髪の乾燥を感じる方は多いかと思います。パサついた髪では、ヘアアレンジも綺麗に決まりませんよね。なぜ冬になると髪が乾燥するのでしょうか。今回は、冬に髪が乾燥する原因と、その対策についてご紹介します。

髪の毛が乾燥してしまう原因とは

外気と暖房のダブルパンチ

Winter portrait

髪の毛は水分を失うとキューティクルが広がり、枝毛切れ毛の原因に繋がります。
冬は外の空気も室内も暖房によって乾燥しますので、適度な湿度を保つことが必要です。

 

過度なドライヤー

ドライヤーのかけすぎは、髪の毛に本来必要な水分まで奪ってしまいます。
風邪をひかない程度に、少し湿ったくらいで仕上げるのがベストです。

 

摩擦

Smiling woman with wet hair standing in a shower with grey mosaic tiles drying herself on a clean white towel in a personal hygiene and beauty concept

洗髪後はキューティクルが開いており、ダメージを受けやすい状態です。
そのため、髪を拭くときは押さえるようにしてタオルドライを行い、摩擦が起きないようにしましょう。

 

 

日常生活で髪の毛をヘアケアするには

Protein diet: raw products on the wooden background

暖房

暖房の風が直接当たることでも髪は乾燥してしまいます。
エアコンの吹き出し口の角度を変えて、風が直接当たらないようにしましょう。
また、暖房を使うと湿度が低くなるので、加湿器の使用もおすすめです。

 

食生活

偏食やダイエットによって栄養バランスが崩れると、髪に栄養が行き届かなくなります。
髪の成分は肌同様タンパク質なので、を意識的に摂取すると良いでしょう。
もちろん、バランスの取れた食事規則正しい生活も大切ですよ。

 

 

正しいシャンプーとドライヤーでヘアケア

シャンプーはしっかり泡立てる

Woman in shower washing hair with shampoo.

シャンプーではしっかり泡を立てることがポイントです。
髪で泡立てる方もいるでしょうが、それでは髪を絡ませてしまうため、手の平で泡立ててから頭に乗せましょう。
また、シャンプー前にブラッシングしておくと、髪の絡まりを軽減できますよ。

 

ドライヤーは短時間

Beautiful young woman in bath towel is using a hair dryer and smiling while looking into the mirror in bathroom

ドライヤーの熱から髪を守るためにも、ドライヤーは短時間で済ませましょう。
そのために、ドライヤー前のタオルドライでしっかり水気を取っておくことが大切です。
ドライヤーを当てる際には、頭から20cmは離し頭皮・髪の根元から乾かしていきましょう。

 

Smiling Beautiful Woman With Brown Short Hair. Haircut. Hairstyle. Fringe. Professional Makeup.

冬は髪も乾燥しやすい季節です。
正しいケアで、乾燥に負けない美しい髪を手に入れましょう。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。