「腸温活」のすすめ!低体温セルフチェック&簡単レシピをご紹介

近年、低体温の女性が増えているのをご存知ですか?ある調査によると、働く女性のおよそ3人に1人が、36度未満の低体温なんだとか。あなたも簡単な設問に答えて、体の冷えをセルフチェックしてみませんか?冷え対策として注目の「腸温活」レシピもご紹介します。

体の冷えは不調の原因に

Young woman in pain lying on couch at home, casual style indoor shoot

低体温は内臓の働きに悪影響を及ぼし、特に腸の機能が低下しやすい傾向があります。

これは、お腹の張りや痛み、食欲不振、吹き出物など、体の不調にもつながります

 

「隠れ低体温」セルフチェック

Angry woman warmly clothed in a cold home sitting on a couch

  • 体温が36.0度以下の日がある
  • 下痢・便秘になりやすい
  • 朝食を食べないことがある
  • ストレスを感じやすい
  • 腰やお腹まわりにうぶ毛の濃い部分がある
  • 肩こり症だ
  • 豆・雑穀・野菜はあまり食べない
  • 冷たい食事が好きだ
  • 顔色が悪いと言われることがある
  • 生活リズムが不規則だ

1つでも当てはまる方は、低体温の心配があります。

 

 

腸温活で対策を

Positive mother and her daughter cooking

朝、温かい食事をとる食物繊維が豊富な豆、雑穀、野菜を取り入れるといった「腸温活」は、体を温めるのに効果的。

特に具だくさんの温かいスープがおすすめです。

簡単なレシピをご紹介します。

 

 

カブとレンズ豆のスープ

9f1c7bf206d024ad7167d7bf5bfd1db90b1daa79.400x0.none

出典:レシピブログ

〈材料〉

  • カブ 中1個
  • カブの茎 1個分
  • 玉ねぎ 中1個
  • レンズ豆 1/2カップ
  • 白ワイン 大さじ1~2
  • 水 1・1/2カップ
  • オリーブオイル
  • にんにくパウダー
  • 黒こしょう
  • パプリカ(粉)

〈作り方〉

  1. カブは一口大、茎は粗みじん、玉ねぎは5mmの薄切りにする
  2. 鍋にオリーブオイルを入れて玉ねぎを炒め、カブと茎を加えてさらに炒める
  3. 白ワイン、にんにくパウダー、塩を入れ、フタをして水気がなくなるまで弱火で加熱
  4. レンズ豆と水を加え、強火にする
  5. 沸騰したら弱火にし、レンズ豆に火を通す
  6. 器に盛り付け、黒こしょうとパプリカを振る

出典:レシピブログ

 

雑穀ミネストローネ

fee21734f0f668b6b1d0fdf62946c80629cdbcbb.400x0.none

出典:レシピブログ

〈材料〉

  • じゃがいも 小1個
  • にんじん 1/3本
  • 玉ねぎ 1/4個
  • セロリ 1/3本
  • キャベツ 1/6個
  • 雑穀 小袋1袋
  • オリーブオイル 小さじ2
  • 塩・こしょう 少々
  • 固形ブイヨン 2個
  • ウスターソース 小さじ1
  • トマト缶(カット) 1/2缶
  • ローリエ 1枚
  • 水 300cc

〈作り方〉

  1. じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、セロリ、キャベツを1~2cmに切る
  2. 鍋にオリーブオイルを入れて熱し、じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、セロリを入れ、塩・こしょうをして中火で炒める
  3. キャベツ、雑穀を加えてさらに炒める
  4. 水、ブイヨン、ウスターソース、トマト缶、ローリエを入れてフタをし、沸騰したら弱火で10~15分煮込み、塩で味をととのえる

出典:レシピブログ

 

内側から体を温めて、寒い冬も元気に乗り切りましょう。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。