オリーブ・ココナッツ選ぶならどっち?話題の植物性オイル5つを比較!

今、オリーブオイルやココナッツオイルなど、様々な植物性オイルの健康・美容効果に注目が集まっていますよね。それぞれのオイルの違いを知っておけば、オイル選びや目的ごとの使い分けに役立ちます。話題の植物性オイル5つの特徴や効果を比較してみましょう。

オリーブオイル

Bottle pouring virgin olive oil in a bowl close up

オリーブオイルは、オリーブの果肉から絞った代表的な食用オイルで、オメガ9系脂肪酸のオレイン酸が主成分です。

オレイン酸は、脂質・糖の代謝促進や、便秘解消に効果があるといわれています。
クロロフィルポリフェノールビタミンEといった成分も含まれているため、美肌にも効果的。

熱にも強いため、様々な料理に適した万能オイルといえるでしょう。

 

 

ココナッツオイル

Coconut oil on table on light background

ココナッツオイルは、ココヤシの実の油脂分を絞ったオイルです。

主成分は中鎖脂肪酸であるラウリン酸で、免疫力UP殺菌などの作用があります。
中佐脂肪酸は脂肪として蓄積されにくく、脂肪燃焼サポート効果もあるそうですよ。

また、ビタミンEが豊富なので、老化防止アンチエイジング目的の方にもおすすめです。

 

 

マカダミアナッツオイル

Bowl of macadamia nut oil and macadamia nuts on white wooden background. From top view

マカダミアナッツオイルは、マカダミアナッツから抽出したオイルです。
脂質や糖の代謝を促進するオレイン酸悪玉コレステロールを減少させるパルミトレイン酸が豊富に含まれています。

またパルミトレイン酸は、皮膚にも含まれている成分。
酸化に強く劣化しにくいため、スキンケアヘアケアにも最適なオイルです。

 

アボカドオイル

Avocado oil on table close-up

アボカドオイルは、アボカドから抽出したオイル。

オメガ9系脂肪酸であるオレイン酸が豊富で、脂肪細胞の増加抑制脂質や糖の代謝促進に効果的です。
他にも、リノール酸αリノレン酸といった必須脂肪酸、ビタミンミネラルたんぱく質などの栄養素が含まれています。

いろいろな栄養をバランス良く摂取できる、ハイクオリティなオイルといえるでしょう。

 

亜麻仁油

Linseed oil, flax seeds, and flowers on a light background.

亜麻仁油は、亜麻という植物の種子を原料としたオイルで、「食べる美容液」とも呼ばれています。

オメガ3系脂肪酸であるαリノレン酸が主成分で、肌の代謝をサポートして肌荒れ乾燥を防いだり、免疫力をUPしてアレルギー疾患を改善したりするといわれています。
その他に、中性脂肪コレステロール値のコントロール、食物繊維による便秘解消などの健康効果も期待できます。

酸化しやすいため、加熱はせずに生のまま摂取してくださいね。
それぞれのオイルの特徴をよく知ることで、オイル選びがさらに楽しくなりますよ*

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。