体の冷えによる冬の不眠。ぐっすり眠れる効果的な対策とは?

冬になると、寒さで夜なかなか寝つけないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、快適な眠りにつくための対策についてご紹介します。
ちょっとした工夫で、悩ましい冬場の不眠を改善できるかもしれません。

冬の不眠のメカニズム

warm cup of hot coffee warming in the hands of a girl

気温が下がり、朝晩冷え込むようになると、手足の冷えなどから、寝つきが悪くなってしまいますよね。

また、一度眠りに入っても、寒さで夜中に目が覚めてしまうということもあります。

人は眠りにつくとき、深部体温(体の内部の温度)が下がった状態になり、反対に皮膚の温度は高くなります。

手足が冷たいと寝つけないというのは、そういったメカニズムが関係しているのです。

冬の不眠を改善するには、体を温めることが大切なんですね。

このことを踏まえて、良い眠りのための対策を考えていきましょう。

出典:カイミン

 

寝室の環境を整える

A woman resting in bed with hands beside her head on the pillow.

冬場でも快適に眠るためには、寝室の温度や湿度を調節することが重要です。

理想の室温は18度ほど、湿度は50~60パーセントです。

室温は、低いと体が冷えてしまいますが、暖かすぎるのも安眠の妨げになります。

また、布団の中の温度は、皮膚の温度と同じくらいの33度がベストだそうです。

出典:カイミン

 

入浴

Pretty woman lying in white bath and relaxing

入浴にもポイントがあります。

寒いとどうしても熱いお風呂に入りたくなりますが、熱すぎるお湯は交感神経の働きを活発にしてしまいます。

体を温めて眠りにつきやすくするには、40度未満のぬるめのお湯に10~20分ゆっくり浸かると良いでしょう。

出典:カイミン

 

足・首・目元を温める

Hot Therapy Woman

湯たんぽなどで足を温めるほか、首や目元を温めるのも効果的な方法です。

首を温めることで全身の血行が良くなり、手足も温かくなります。

目元は、温めるとリラックス効果が生まれ、自律神経を整えることにもつながります。

出典:カイミン

 

温かい飲み物を飲む

Homemade hot chocolate on grunge wooded table

寝る前に温かい飲み物を飲むと、体が内側から温まり、リラックスして眠ることができます。

ホットミルクやホットココア、白湯などがおすすめです。

出典:カイミン

 

いかがでしたか?

この季節、冷え性の方は特につらい思いをされているかと思います。

日常の中でできる様々な対策で、良い眠りを手に入れてくださいね。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。