野菜くずでベジブロスを作ろう!皮やヘタが栄養満点のだしに変身

料理に欠かすことのできない野菜ですが、残った皮やヘタなどは普通捨ててしまいますよね。
しかし、この捨ててしまいがちな部分には、栄養がたくさん詰まっているのです。
今注目を集めている、野菜の“だし”ベジブロスとして、有効に使ってみませんか?

ベジブロスとは

Fresh vegetable scraps left over from making a salad. They can be given to pigs or chickens rather than being thrown out as waste.

野菜のヘタ根っこなどの、調理によって残ってしまった部分。

こういった野菜くずには、実は栄養が豊富に含まれています。

ベジブロスとは、この野菜くずからとった“だし”のこと。

栄養たっぷりなうえ、野菜のうまみもギュッと詰まっていますよ。

出典:NIKKEI STYLE

 

健康効果

Ordinary woman  with ladle cooking soup in domestic kitchen

野菜くずの中には、ファイトケミカルという成分が多く含まれています。

ファイトケミカルは強い抗酸化作用をもち、免疫力を高めたり、老化を防いだりする効果があると言われています。

熱を加えることにより野菜の細胞から溶け出す性質があるため、野菜くずを加熱して作るベジブロスは、ファイトケミカルを効率的に摂取するのに最適なのです。

出典:NIKKEI STYLE

 

作り方


cabiria17
cabiria17

野菜くずと水、酒があればすぐに作れます。

種類が多いと美味しくなるので、5種類以上の野菜を使いましょう。

基本的には何の野菜でもOKですが、キャベツ、ブロッコリーなどは独特の風味が出るため、入れすぎには注意したいですね。

りんごの芯、ニンニクや生姜の皮、かぼちゃの種・ワタといったものも使えますよ。

〈材料〉

  • 野菜くず 両手いっぱい分
  • 水 1300ml
  • 料理酒 小さじ1

〈作り方〉

  1. 大きめの鍋に水、よく洗った野菜くず、料理酒を入れる。
  2. 火をつけて、弱火で20~30分間煮る。
  3. 火を止めて、ざるでこして完成。

強火だと野菜が煮崩れてしまうため、弱火にするのがポイントです。

また、アクもファイトケミカルですので、浮いてきても取らないようにしましょう。

完成したベジブロスは冷蔵で1週間ほど、冷凍で2~3か月保存できます。

出典:NIKKEI STYLE

 

料理に活用しよう

野菜の甘み、うまみが凝縮されたベジブロスは、だしとして様々な料理に使えます

一味違った優しい仕上がりになりますよ。

簡単な使い方をご紹介します。

 

味噌汁

Japanese food, chinese cabbage and algae Miso soup

ベジブロス2カップを煮立たせたら、お好みの野菜を加えて火を通し、大さじ1の味噌を溶いて完成です。

 

カレー

curry and rice

市販のルーで、水の代わりにベジブロスを使うだけ。

ルーの分量を1個少なくするとちょうど良いようです。

出典:All About

 

いかがでしたか?

普段は捨てるだけの野菜くず。

栄養と美味しさ、魅力がいっぱいのベジブロスとして有効活用してあげてくださいね。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。