美しい姿勢の鍵は抗重力筋とセロトニン!抗重力筋の基礎知識と鍛え方

猫背などの悪い姿勢は、セロトニンを増やすことで解消できるといわれています。
セロトニンを増やすためには、抗重力筋を鍛えるのが効果的。
今回は、セロトニンを増やして美しい姿勢を手に入れるための、抗重力筋の基礎知識や鍛え方についてご紹介します。

抗重力筋とは?

Beautiful smiling happy young woman working out indoors, doing yoga exercise on blue mat, standing in Vrksasana Posture, Tree Pose, full length

抗重力筋とは、いわゆる引力や重力に逆らうための筋肉のことです。

背中の脊柱起立筋、お腹の腹直筋、お尻の大臀筋、太ももの大腿四頭筋、ふくらはぎの大腿三頭筋、私たちの姿勢はこの5つの抗重力筋によって支えられています。
重力の掛かっている地球で真っ直ぐ立てていられるのも、抗重力筋があるからなのです。

出典:健康生活

 

抗重力筋は衰えていく

Woman with impaired posture position defect scoliosis and ideal bearing.

生活習慣年齢によって身体のあらゆる筋肉が衰えていくように、抗重力筋も衰えていきます。
抗重力筋が衰えると、重力や引力に逆らう力が減ってしまい、真っ直ぐ立つことができなくなります。
その結果、猫背などの悪い姿勢につながってしまうのです。

出典:健康生活

 

抗重力筋とセロトニンの関係

A portrait of best friends laughing

抗重力筋には、セロトニンという物質が関係しています。
セロトニンには抗重力筋に刺激を与える働きがあり、良い姿勢を維持するためには必要不可欠な物質といえます。

そんなセロトニンは、不規則な生活習慣や不健康な食事、ストレスなどによって減少していくものです。
心当たりのある方は、毎日の生活習慣食事の見直しを行い、セロトニンの減少を防ぎましょう。
笑うことでもセロトニンの分泌力は高まるといわれているため、友人とお喋りしたり、コメディ番組を見たりするのもおすすめですよ。

出典:健康生活

 

抗重力筋の鍛え方

抗重力筋を鍛えるには、正しい姿勢を意識するのが一番とされています。

 

座るときの姿勢

Office Worker

  1. 椅子に座ります。
  2. 足裏全体が地面に着くように調整します。
  3. おへそを意識しながら、背筋を真っ直ぐ伸ばします。
  4. 背中に真っ直ぐの棒が通っているような状態を維持します。

常にこの座り方を心掛けるだけで、抗重力筋を鍛えていくことができます。

 

立つときの姿勢

Young athlete warming up on boardwalk

  1. 肩幅くらいに両足を広げます。
  2. おへそと意識しながら、背中を伸ばします。
  3. 正面を見ながら顎を引きます。
  4. お尻の筋肉に少し負荷が掛るように立ちます。

この立ち姿勢を続けるのがキツい方は、既に抗重力筋が衰えている可能性が大。
普段からこの立ち姿勢を心掛け、抗重力筋を鍛えていきましょう。

出典:健康生活

 

毎日、正しい姿勢を続けていると、セロトニンも分泌されやすくなるそうです。
セロトニンの分泌が高まれば、より効果的に抗重力筋を鍛えることができ、猫背などの悪い姿勢も改善されやすくなりますよ。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。