朝と夜に2分間行うだけでOK!便秘解消に効果的な腸ヨガのポーズとは

便秘でお悩みの方におすすめなのが、腸ヨガです。腸ヨガでは、お腹周りを中心に動かすポーズによって、腸の働きを促進させることができます。腸の動きが活発になることでガス抜きをし停滞している便も外に排出されやすくなります。よって便秘改善の効果が期待できるんです。今回は、そんな腸ヨガの方法についてご紹介します。

腸ヨガのやり方

Young woman doing yoga in morning park near lake

出典:Shutterstock

腸ヨガのポーズについてご紹介する前に、まずは腸ヨガの基本のやり方をマスターしましょう。

 

朝と夜に2分間かけて行う

腸ヨガは、朝と夜の2回行うのが理想的とされています。
1日2回といっても、実践時間はたったの2分間
時間がない生活を送っている人にもおすすめです。

 

呼吸を意識する

腸ヨガを行うときには、口で吐き鼻で吸う呼吸法を意識しましょう。
肩の力を抜いた状態でお腹の中から息を吐き出し、お腹の中に空気を溜めこむようにゆっくりと息を吸っていくのがポイントです。

 

朝の腸ヨガで行うポーズ

朝の腸ヨガでは、マーメイドのポーズを1分ヨットのポーズを1分行います。

 

マーメイドのポーズ

Beautiful slim brunette  doing some stretching exercises in a gym

  1. 横向きに寝ます。
  2. 床側の腕を伸ばし、頭を乗せるようにします。
  3. 腹部や内ももの筋肉を意識しながら、外側の脚を上げます。
  4. 脇腹に力が入るくらいまで脚を上げたら、その体勢をキープ。
  5. 30秒間、ゆっくりと呼吸を行います。
  6. 終わったら、反対側も同様に行ってください。

 

ヨットのポーズ

Women practicing yoga at health club

  1. ヨットのポーズ
  2. 脚を伸ばして座ります。
  3. 片方の膝をもう片方の膝に引っ掛けるように立てます。
  4. 立て膝の方向に上半身をひねらせたら、その体勢をキープ。
  5. 30秒間、ゆっくりと呼吸を行います。
  6. 終わったら、反対側も同様に行ってください。

 

 

夜の腸ヨガで行うポーズ

夜の腸ヨガでは、猫のポーズを1分バッタのポーズを1分行います。

 

猫のポーズ

fitness, sport, training, yoga and people concept - smiling woman doing exercise in gym

  1. 肩幅に足を開いて立ちます。
  2. 両足の間隔を維持しながら四つん這いになります。
  3. 手を前に伸ばし、頭は床にくっつけます。
  4. 体勢を維持しながら、1分間ゆっくりと呼吸を行います。

 

バッタのポーズ

fitness and pilates outside - sporty young blond woman exercising, face down, lifting and keeping her legs tight to tone them up on her exercise mat over sunny blue sky

  1. うつ伏せに寝転びます。
  2. 両手を後ろで組んだら、肩と両足を宙に浮かせます。
  3. 腹部に力が入るのを意識しながら、体勢をキープ。
  4. 10秒間、ゆっくりと呼吸を行います。
  5. 時々、うつ伏せになって休憩しながら、3回繰り返しましょう。

 

腸ヨガは、便秘の原因でもある腸内の動きを良くし便秘解消につながるだけでなく、副交感神経が働くことからストレス解消にもなり女性には嬉しいですね。
朝と夜、2分間の腸ヨガで、心と身体の健康を手に入れてくださいね。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。