その疲れ・冷え「自律神経」が原因かも?冬の自律神経について。

「冬は自律神経が乱れやすい季節」ということをご存知でしたか?
あなたが今抱えている体の不調は、もしかしたら自律神経の乱れによるものかもしれません。
そこで今回は、冬と自律神経の関係、さらに自律神経を整えるための過ごし方についてご紹介します。

冷えも体調不良も自律神経の乱れ?

woman having eye and head pain. She is in winter depression

寒くなる冬には、約70%の女性が冷えに悩んでいると言われています。
そんな冷えは単純に「寒いから」というだけでなく、自律神経の乱れが原因であることがわかっています。

さらに、冬になるとなんとなく感じる体の不調も、自律神経が乱れることによって引き起こされている可能性が高いようです。

つまり、自律神経の乱れを整えてあげることで、寒い冬を快適に過ごせるようになるとも言えるのです。

出典:ウェルラボ

 

冬と自律神経の関係

Closeup portrait of beautiful young girl in winter day

自律神経には、活動モードの交感神経休息モードの副交感神経があります。
このバランスを保つことがとても重要です。

しかし寒くなると、寒さから体を守るために抹消血管を収縮させる交感神経ばかりが優位になります。
それにより体温は守られるのですが、全身の血行が悪くなり冷えを招いてしまうのです。

また、交感神経が優位な状態が続くということは、副交感神経の働きが弱まるということなので、心も体もリラックスすることができずにストレス状態になってしまいます。
さらに、冬は体が休もうとする時期にも関わらず、年末年始などの忙しさもによっても交感神経の働きを強めてしまうのです。

出典:サントリー健康情報レポート

 

自律神経を整えるポイント

自律神経を整えるということは、交感神経と副交感神経のバランスを整えるということになります。
そのための過ごし方のポイントをご紹介します。

 

beautiful woman in yellow coat walks in the winter snow-covered wood, lady and a huge fluffy husky walk in nature in spring

朝は副交感神経が優位な状態。
そこから少しずつ交感神経が優位な状態にしていくためには、適度な運動が効果的です。
軽いウォーキングスクワットがおすすめです。
筋肉を動かすことで血行が良くなり、体が温まりやすくなりますよ。

 

woman drinking hot beverage before going to bed to help her sleep

昼は家事や仕事の疲れストレスにより交感神経が優位になりがち。
目元を温めることで血行を促進し、副交感神経を優位にしてあげましょう。
副交感神経が優位になると、リラックス効果を得ることができますよ。

 

Beautiful woman relaxing in bathtub

スムーズな入眠のためには、副交感神経を優位にしてあげることが大切です。
ぬるめのお湯にゆっくり浸かり血行が促進されることで、心と体の緊張がほぐれリラックスできますよ。
炭酸ガスの入浴剤は、体を温める効果がアップするのでおすすめです。

出典:ウェルラボ

 

いかがでしたか?
自律神経を整えて、冬の寒さに負けない体作りをしましょう。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。