世界のセレブ達も注目!砂糖の代わりに使いたい話題の「ココナッツシュガー」って?

ココナッツオイルやココナッツウォーターなど、美容において何かと話題のココナッツ。
そんなココナッツから作られたココナッツシュガーが、今後ブームになるかもしれません。
すでにミランダ・カーさんや、世界のセレブの間では注目となっているんですよ。

ココナッツシュガーとは

Coconut sugar on wooden spoon

ココナッツシュガーとは、ココナッツから採取される甘味料のことです。
ココナッツの木に咲く、黄色い花のつぼみにある蜜を煮詰めて作られます。

 

GI値が低い

The meter on  wooden background device for measuring blood sugar

GI値とは、食べ物が体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードを数値化したもので、ブドウ糖を摂取したときの上昇率を100としています。
このGI値は、0に近ければ近いほど血糖値の上昇は低いとされています。

ココナッツシュガーのGI値は35で、砂糖の109と比べると大幅に低いのです。

出典:マイクロダイエットネット

 

ココナッツシュガーの効果

ダイエット効果

Close-up of slim waist of young woman in big jeans showing successful weight loss, isolated on white background, diet concept

ココナッツシュガーのGI値が低いということは、血糖値が上昇しにくく太りにくいということになります。
GI値はハチミツの90と比べても低いので、ダイエットには最適な甘味料と言えるでしょう。

 

便秘解消

ココナッツシュガーには、水溶性食物繊維であるイヌリンが含まれています。
食物繊維は便秘解消だけでなく、有害物質の排出脂肪の吸収を抑制する働きもあるんですよ。

 

ミネラルが豊富

Coconut sugar in a jar with pink background

ココナッツシュガーにはミネラルが豊富に含まれています。

  • カルシウム
  • カリウム
  • マグネシウム
  • 亜鉛
  • イノシトール

このイノシトールとはビタミンB群の一種で、肝臓に余分な脂肪が溜まらないようにする働きや、コレステロールの流れをよくする働きがあります。
そのため、生活習慣病の予防が期待できます。

 

ストレス緩和

ココナッツシュガーには、必須アミノ酸20種のうち16種類が含まれています。
特に旨み成分でもあるグルタミン酸が豊富です。
グルタミン酸はリラックス成分であるGABA(ギャバ)を生成し、ストレスの緩和作用脳の活性化作用毒素の排出作用など様々な働きがあると言われています。

出典:マイクロダイエットネット

 

おすすめ活用法

pancakes with fresh blueberries and honey for breakfast, top view, horizontal

ココナッツオイルには強い風味やクセはなく黒糖よりもマイルドな香りです。
そのため、どんなレシピにも活用することができます。
コーヒーお菓子作りなど、砂糖をココナッツシュガーに置き換えるように使うのがおすすめです。

ただ、ココナッツシュガーも甘味料なので、摂りすぎは体にも歯にも良くないため注意しましょう。

出典:マイクロダイエットネット

 

いかがでしたか?
普段の食生活をよりヘルシーにするために、ココナッツシュガーを取り入れてみましょう。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。