ホームorジム。トレーニングをするならあなたはどっち派?

トレーニングを始めようと思っても、自宅で行うのとジムに通うのとどちらが良いか悩んだことはありませんか?
どちらにもメリット・デメリットがあり、悩んでしまうのは仕方ないと思います。
そこで今回は、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。

ホームトレーニングのメリット

Active sportive athletic woman with dumbbells pumping up muscles biceps concept fitness sport training lifestyle

ホームトレーニング、つまり自宅でトレーニングを行うことのメリッはこちらです。

  • いつでもできる
  • ジム代がかからない
  • 周りの目を気にせず集中出来る

なんと言っても、思い立ったときにすぐできるという点が一番大きいかと思います。
ジムに行くとなるとそのための準備時間や、ジムまでの移動時間もったいないと感じる方もいるでしょう。

また、ジムに通うと毎月1万円程度のジム代がかかってしまいます。
それがもし、回数に関係なく月1万円だったら、行けない月があるととてももったいないですよね。

出典:筋トレ知識倉庫

 

ホームトレーニングのデメリット

Pretty young woman with sketched strong and muscled arms

逆にデメリットはこちらです。

  • 器具が少ない・またはない
  • ある程度の広さが必要
  • モチベーション維持が難しい

自宅でトレーニングを行う際に、もし器具を入れようとするとある程度の広さが必要ですし、防音対策も必要になります。

また、ジムほど器具を充実させることができませんし、器具を買うお金もかかってしまいます。
そうかと言って、器具なしで筋トレを行おうとすると、高いパフォーマンスを求めることや、モチベーションを維持することが難しくなります。

さらに、ジムのようにトレーナーがいないのでその点もデメリットとなるでしょう。

出典:筋トレ知識倉庫

 

ジムトレーニングのメリット

Personal trainer helping woman working with heavy dumbbells

次に、ジムでトレーニングを行うメリットです。

  • 設備が整っている
  • トレーナーがいる
  • モチベーションが上がる

ジムなら防音対策が整っているので、その点も気にする必要がなくなります。

さらに、トレーナーの指導の下、効率良くトレーニングを行うことができ、細かな重量調整においても器具が充実しているため対応可能でしょう。
また、メニューや目標を決めてくれるジムなら、モチベーションも上がりやすくなりますよね。

出典:筋トレ知識倉庫

 

ジムトレーニングのデメリット

empty pockets

デメリットにはこちらがあります。

  • お金がかかる
  • 移動時間がある

やはり一番のデメリットはお金がかかるという点です。
月1万円のジムに1年通ったら、12万円。
これだけのお金を払うなら、ホームジムを作った方がコスパ面では良いかもしれませんね。

出典:筋トレ知識倉庫

 

Fitness woman in training.Strong abs showing

いかがでしたか?
自分のモチベーションやお財布事情に合わせて、ジムが自宅か選んでみましょう。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。