お酢で内面から綺麗に。5つの効果とその理由

近年話題になっている「お酢」の効果。簡単にいうと一日15mlの酢を摂るだけという簡単な方法ですが、実際にどのような効果があるのか気になりますよね。そこで今回は、お酢ダイエットが効果的と言われている5つの理由をご紹介します。

 お酢の効果

a set of fermented food great for gut health - top view of glass bowls against grunge wood:  cucumber pickles,  coconut milk yogurt, kimchi, sauerkraut, red beets, apple cider vinegar

お酢の効果については以前から知られていましたが、最近また注目が集まっていて、今後さらなるお酢を使った健康推進も期待されています。
お酢を摂取するだけでダイエット効果が期待できるなんて簡単だし、うれしいですよね!

今回はそんなお酢の効果について詳しく説明していきたいと思います。

血糖値の上昇を抑制

Diabetes and unhealthy eating concept. Hand holds glucometer and sweets and cake in background.

大量の糖質摂取一気にご飯をかき込むことは、血糖値の急激な上昇を招いてしまいます。

血糖値が急激に上昇すると、それを抑えるために大量のインスリンが分泌されます。
インスリンは肥満を招くと成分と言われているため、血糖値の急激な上昇=太りやすい体質を作るとも言えるのです。

酢に含まれるクエン酸は、糖質を積極的にエネルギーに変える働きがあります。
そのため血糖値の上昇を抑え、インスリンが大量に分泌されるのを防ぐことができるのです。

 

便秘解消

Woman showing how much weight she lost. Healthy lifestyles concept

ストレス運動不足、さらに食事制限による食物繊維不足など、様々な原因によって便秘は引き起こされます。

便秘の状態が続くと、体が重くなり体重も減らず、さらには肌荒れまで起きて、ダイエットどころではなくなってしまいますよね。

酢の独特なニオイによって神経が刺激され、便通が良くなります。
さらに、殺菌力の高さによっても消化機能を活性化してくれるのです。

 

利尿作用

Woman in the toilet

酢には利尿作用もあります。

酢を摂取することで、腎臓は尿を排出しようとします。
この働きによって、体内の余分な水分や老廃物が効率良く体外へ排出されるのです。

水分や老廃物が排出されると、ダイエットの敵であるむくみの解消につながりますよ。

 

冷え性の改善

Cup of hot tea in hands

酢には毛細血管の血行を促進する効果もあります。
これにより血液がサラサラになると、全身の血の巡りが良くなり冷え性の改善へとつながります。

ただ、酢の摂りすぎは逆効果となりますので、1日の摂取量は30mlまでに抑えましょう。

新陳代謝アップ

Running in city park. Woman runner outside jogging with Montreal skyline in background

酢に含まれるクエン酸アミノ酸新陳代謝を活発にする働きもあります。

ダイエットのために運動をしている方も多いでしょう。
新陳代謝が活発になると、運動時の消費エネルギーがアップするので、運動の効果を感じやすくなると言えます。

また、アミノ酸には脂肪の分解を助ける働きもあるため、これも体重減少に効果的と言われる所以です。

Apple cider vinegar with a fresh apple

やはりお酢は健康にも美容にも、とても効果的なようですね。
ドリンク飲む場合は黒酢やリンゴ酢、はちみつ酢なども効果があります。

ちょっぴり疲れた時も、暑さで食欲がない時も、お酢をちょっぴり使った料理を食べると元気が湧いてきますよ♪
ただ酢を摂りすぎると胃を痛める恐れがあるため、1日の摂取量は守って酢を食生活にうまく取り入れてくださいね。

 

関連記事

身体の免疫力を上げて内側からきれいに。酢玉ねぎの効果とアレンジレシピ4選

“お酢”で痩せ体質になれる!?魔法の組み合わせをご紹介

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。