知って驚き!ダイエットの味方「脂肪を燃やす脂肪」の秘密とは?

食べても太りにくい人と太りやすい人がいるのは何故だろうと、思ったことはありませんか?
脂肪を燃やす働きのある「基礎代謝」の良し悪しには、身体の中にある「脂肪細胞」がカギと言われています。
そこで今回は、気になる脂肪についてご紹介します*

脂肪を燃やしてくれる脂肪って?

woman's hand holding excessive belly fat

「脂肪」と聞くと、白い塊の脂分で、ダイエットの大敵というイメージですよね。

でも、今回ご紹介する「褐色脂肪細胞」は、ダイエットをサポートしてくれる脂肪なのです。

Dieting.

そんな脂肪があるなんて驚きますよね。

褐色脂肪細胞は、褐色の脂肪で、白い脂肪とは違い、熱を生みだす働きをしてくれます。

この働きが良い人と悪い人の差で、代謝の良し悪しが決まってくると言われています。

出典:modelpress

 

褐色脂肪細胞の働きを良くしよう

A picture of female feet standing on a bathroom scales and a tape measure

褐色脂肪細胞の働きが活発な人は、食べ物をエネルギーに変える力が強く、逆に働きが悪い人はそのまま脂肪として残るため、太りやすい体質になってしまいます。

褐色脂肪細胞を活発にすることで、痩せやすい身体へと変わっていきますよ。

では、どのようにして活発にできるのでしょうか?

出典:modelpress

 

ストレッチで脂肪燃焼UP

Attractive "african american" woman stretching her legs while standing against a deep blue sky, exercising on a sunny day.

褐色脂肪細胞は、私たちの身体のあらゆる場所にあります。

首や肩が凝っていると、血の巡りが悪くなり、その周辺の代謝が落ちてしまいます。

ストレッチやヨガでコリを解消することで、血行が良くなり、褐色細胞が活性化されますよ。

出典:modelpress

 

内臓から代謝を上げる

natto japanese food

甲状腺」という臓器は、体の代謝を支えてくれている臓器です。

甲状腺の機能が正常だと、褐色脂肪細胞の活動が活発になると言われています。

発酵食品などのミネラルを多く含む食事を意識することで、甲状腺機能のUPにつながりますよ。

また、砂糖は甲状腺機能の低下となる原因と言われているので、甘い物はなるべく控えましょう。

出典:modelpress

 

自分の身体を見つめなおして

いかがでしたか?

ダイエットは、自分の身体を見つめなおす良い機会でもあります。

体質改善で、痩せやすい身体をGETしましょう♪

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。