朝食べるものでその日の食欲をコントロール。”お腹にたまる朝食”って?

朝食を毎日食べていますか?食べない方が集中できる、痩せる、朝は出来るだけ寝ていたい、食べる時間がないなど理由は様々ですが、朝食を食べないという人が増えているようです。ですが朝食を抜くことで仕事や勉強への影響だけではなく、病気にもかかりやすい身体になってしまうのを知っていますか?

朝食の大切さ

朝食を食べない生活を送ることで疲れやすくなる、肥満になりやすい、運動や勉強、仕事に集中することができない、コレステロール値が上がる、精神的に不安定になるなどの問題が生じてしまいます。

朝起きた時は血糖値が低い状態で内蔵や神経、脳の動きは低下した状態です。

こうした機能を正常に戻して意識をしっかりとさせ、身体を目覚めさせる役割を持っているのが朝食です。

朝食を抜いてしまうことで体温や血糖値が上がらず、前述したような問題が起こってしまいます。

朝食には空腹を満たすだけではなく一日の生活リズムを規則正しくする役割があります。

朝食と睡眠の関係

起きてすぐ布団から出て行動することができるという人もいるのですが、たいていの人は起き抜けはボーッとしてしまうでしょう。これは睡眠中に体温が下がり、身体や脳の活動が低下しているからです。
また朝食を抜く生活を続けることで体内時計を整えることが出来なくなり、不眠になってしまうことも多くあります。このように朝食と睡眠には深い関係があるのです。

お腹にたまる朝食

朝食をしっかりと取ることで一日の生活リズムを規則正しくすることができるのですが、パンだけ、コーヒーだけ、ヨーグルトだけと言った朝食では意味がありません。

昼食までの活動を支えるエネルギー源として栄養バランスを考えたお腹にたまる朝食を心がけるようにしましょう。

朝食の主菜は体温を上げるために必要なタンパク質を取り、一日のエネルギー源となるために必要な穀類、体調を整えたり、排便を習慣づけるために必要な野菜、水分としての汁物を意識しましょう。

朝食におすすめの具体的な食材としてはナッツ類、卵、フレークなどの複合糖質、アボカド、ブルーベリー、鮭やバナナ、ほうれん草やグレープフルーツなどです。
お腹にたまるものとしてはバナナや卵、複合糖質などがおすすめです。

朝食を取らない人が増えているのですが、朝食を食べる生活習慣を身に付けることで健康な身体を維持することができます。
習慣づけることは最初きついと感じるかもしれませんが、ぜひ毎日続けることを目標にしてみてくださいね。

 

関連記事

朝食の新定番!オートミールの簡単ヨーグルトブレッドレシピ

朝食を食べないと太る。その実態と本当の原因を調査。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。