知っておくべき!ホルモンバランスを崩す危険性のある食生活とは。

ホルモンバランスの乱れは、イライラや肌荒れなど様々な不調を引き起こします。
もしかしたら、ダイエットや健康のために行っているその食生活が、原因になっているかもしれません。
ホルモンバランスを崩しかねない、危険な食生活を5つご紹介します。

カロリーオフ食品

Happy girl showing a dietetic cookie sitting on a couch at home

ダイエット中は、つい「カロリーオフ」「カロリーゼロ」という表示のある食品に飛びついてしまいますよね。

でもこういった食品には、体に及ぼす影響がはっきりと分かっていない「人工甘味料」が使用されています。
ホルモンバランスに悪影響を与える可能性もあるため、日常的にとり続けるのは危険かもしれません。

添加物が含まれている食品はなるべく避け、手作りを心がけるようにしたいですね。

出典:モデルプレス

 

偏食

woman eating steak in a restaurant

「野菜をとらない」「ファーストフードやコンビニ弁当ばかり食べる」といった、偏食が健康のために良くないことはみなさんご存知かと思います。

でもそれだけではなく、体に良いといわれている食品でも偏ってとり続けるとホルモンバランスを乱す恐れがあるんです。
たとえば、「○○ダイエット」と称して特定の食品だけを毎日食べ続けることもこれに当たります。

美しい体づくりのためにも、いろいろな食品をまんべんなく用い、栄養のバランスがとれた食事をとるようにしましょう。

出典:モデルプレス

 

乳製品のとり過ぎ

Assortment of dairy products on white background

チーズ・アイスクリーム・生クリームなど、おいしいものが盛りだくさんの乳製品には、動物性の脂肪分がたっぷり含まれています。
体脂肪の蓄積・ホルモンバランスの乱れを招く恐れがあるため、過剰摂取は控えましょう。

牛乳を料理に多く使用しすぎているという方は、豆乳での代用がおすすめです。
大豆に含まれるイソフラボンが、女性ホルモンの働きもサポートしてくれますよ。

出典:モデルプレス

 

夜のカフェイン

Coffee cup and coffee beans on table

寝る前のリラックスタイムに、コーヒーや紅茶などカフェインを含む飲み物を飲んでいませんか?

カフェインには覚醒作用があるため、寝つきが悪くなったり眠りが浅くなったりする可能性があります。
睡眠の質が悪いと、自律神経やホルモンバランスが乱されてしまうため、夜間はノンカフェインの飲み物にとどめておきましょう。

出典:モデルプレス

 

朝食を食べない

delicious breakfast for two at the luxury hotel

朝食には、体内時計のスイッチを切り替える役割があります。
体をすっきりと目覚めさせ、自立神経を整えてくれるのです。

より良い生活リズムをつくるためにも、朝食をとる習慣をつけましょう。

出典:モデルプレス

 

いかがでしたか?
たとえ減量に成功したとしても、女性らしい美しさが失われては意味がないですよね。
ホルモンバランスを整えるために、食生活を少しだけ見直してみましょう。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。