ヨガと食事の密接な関係。”ヨガの効果を最大限に引き出す”正しい食事。

ダイエット目的にヨガをする人も多いですが、食事のタイミングを間違えると身体に負担がかかる可能性があります。そこで今回は食事のタイミングやヨガの後に取りたい食べ物などをご紹介します。

食事のタイミング

Girl is engaged in yoga on a white background, concept of healthy lifestyle, healthy eating and sport, apples

ヨガはランニングや筋トレとは違い、ゆったりとした動きで行う運動です。
スクールなどで行うほか、自宅でも可能ですよね。
だからといって、いつ行ってもイイというわけではないんです。
ヨガって、いろいろなポーズをとりますよね。他のスポーツでもそうですが、

満腹状態で行うと、気分が悪くなってしまったりカラダが重かったりしてしまうんです。
ですので、ヨガの前は2時間ほど前には食事を済ませておくといいでしょう。

 

ヨガと内臓の働きとの関係

Sporty fit beautiful young woman in sportswear bra and black pants working out, sitting in Fire Log pose, Square Posture for hips and groins, studio close-up, isolated, white background

ヨガのポーズは、内臓に圧力がかかるようになっていて、そのポーズのまま呼吸をします。
すると、内臓がマッサージされているような状態になるんです。

また、ヨガには血行を良くしてくれる効果もあります。
よって、内臓の機能が活性化するんです。
機能の活性化だけではなく、内臓脂肪の燃焼にも効果があります。

最近増えている隠れ肥満の方にもオススメしたいですね。

 

食事のタイミングも大切なんですね

Woman with a bowl of berries wearing a sportive outfit.

お分かりいただけたでしょうか。ヨガは、フィットネス効果だけではなく、カラダの内側内臓にも良い効果があるんです。
ですから、食事のタイミングも大切なんです。
基本的には【ヨガの前後には食事を摂らない】とされています。

 

食事の注意したいこと

Woman exercise in the kitchen with fruits on the table at home.

ヨガの前後に食事を摂らなければ、普段通りの食事で問題ないというわけでもないんです。
食事の内容によって、ヨガの効果も変化します。
≪ヨガの前の食事≫
ヨガの前は、2時間ほど前には食事を済ませる。
なるべく胃腸に負担が少ないもの、ヘルシーで消化がいいものを摂りましょう。
≪ヨガの後の食事≫
ヨガの後は、1時間ほど経ってから(カラダが落ち着いてから)摂る。
ヨガによってカラダが温まっているので、冷たいものは控える。
アルコールは2時間以上開けてから飲みましょう。

 

ヨガ後に取り入れたい栄養素と食材

Soup with vegetables and sour cream on the plate. Selective focus.

ヨガに限らず運動後は代謝が活発になっているので栄養の吸収率が高いです。
菓子パンやお菓子などを食べれば脂肪として吸収しますが、栄養あるものを食べるとその分身体のエネルギーに変換できます。

オススメの栄養素・食材

  • 植物性たんぱく質・・・豆腐や大豆製品
  • 動物性たんぱく質・・・肉よりも魚
  • 植物性脂肪・・・アボカド

身体の筋肉を育てるのはたんぱく質ですが、植物性と動物性に分かれています。
どちらもヨガの後に取った方が良いですが、動物性たんぱく質を取るなら肉より魚の方が良いでしょう。
その理由は、青魚などには脳の働きを良くするDHAやEPAが豊富だからです。
また、植物性脂肪は良質なオイルなので美肌には最適です。
この3つの食材を使った食事を取るようにしましょう。
その他にも、消化率が良い野菜スープなどもオススメです。

 

ヨガと食事には密接な関わりがありましたね。
ご紹介した食材を使ったヘルシーレシピなど調べてみてはいかがでしょうか?
ぜひ参考にしてみて下さいね♪

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。