ダイエット中に食べてもOKな”ヘルシーおやつ”と食べ方のコツをご紹介。

甘いものや間食を減らすことがダイエットを成功させる一つのポイントとなるのですが食べたい!
という衝動はなかなか抑えにくいものです。
食べたい衝動を抑えることで反動が起こり、暴飲暴食などに走ってしまうこともあります。
そこで、ダイエット中に取り入れてもいいおやつを紹介いたします!

ナッツ類、ドライフルーツ

Mix nuts and dry fruits on wooden background

ナッツ類やドライフルーツは油分や糖分が多いイメージからあまりダイエットには向かないのでは?と思う女性も多いでしょう。
ですがモデルさんや芸能人などスタイルを気にする人たちが間食に取り入れているという話を耳にすることもあります。
ナッツ類やドライフルーツはダイエット中の間食には最適なのを知っていますか?

ナッツ類には不飽和脂肪酸が多く含まれています。不飽和脂肪酸には善玉コレステロールを増やして

悪玉コレステロールを減らす働きがあるので腸内環境を整えることができ便秘の改善などに役立てることができます。
また美肌に良いビタミンEも豊富に含まれています。ドライフルーツは甘いイメージがありますが、

この甘さは果物の果糖によるものです。この糖分は長く体内に停滞することができ、

さらに硬さのあるドライフルーツを選ぶことで噛む回数を増やすことができるので満腹感を得やすくなります
とは言っても大量に食べてしまうとカロリーオーバーになってしまうので食べ過ぎはよくありません。

寒天

Japanese cuisine, Tokoroten Agar with Vinegar for summer food image

寒天のほとんどは食物繊維でできています。

便秘の改善や腸内環境を整えることに役立てることができるのでダイエットに効果があります。
寒天を使って冷たくて美味しいゼリーを作ってみましょう。

ただし、その時に砂糖やフルーツなどを大量に入れてしまわないよう注意。

人工甘味料などで甘さを付けるなど工夫が必要になります。
このゼリーを食事の前に取り入れることでお腹が膨れるので自然と食事の量を減らすことができます

豆腐、おから

tofu

豆腐やおからは大豆を直接食べるよりもカロリーが低く、満腹感を得ることができます。
特におからはクッキーやケーキ、ドーナツなどに入れることができ、

小麦粉の代わりに利用することでカロリーを抑えることができるのでおすすめです。

干し物

Raw Organic Dried Mangos in a Bowl

食材の中には乾燥をさせることで長期保存ができ、味や栄養素がアップするものがあります。

スルメや干し柿、魚やフルーツなどが当てはまるのですが、乾燥をさせることで固くなるので噛む回数を増やすことができ満腹感を得ることができます。

おやつを食べるときのコツ

ダイエット中におやつを食べる時のコツとしてはできるだけ糖分や油分のあるものを控えるのはもちろんですが、

食事の前に少量食べたり、一回分の量を一日で小分けして少しずつ食べることでモチベーションを維持することができるようになります。

ダイエット中にどうしてもおやつが欲しい!と思う場合にはこれらのアイテムを常備して少しずつ取り入れてみましょう。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。