Photo: Trang Nguyen (改変 gatag.net) Creative Commons

脂肪を燃やすならやっぱりお茶!正しい飲み方を種類別に解説!

どうせ飲むなら効果的に!
世の中にはさまざまな種類のお茶があふれていますが、今回は脂肪燃焼に効果的なお茶と飲み方をまとめてみました!

緑茶

緑茶といえばおなじみの「カテキン」。
カテキンには過剰な糖分や脂質の吸収を防いで、脂質を体外へと排出してくれる働きがあります。

140916_3_2

Photo:写真AC

緑茶は高温で淹れたほうがカテキンが多く抽出されるので水出しよりもお湯だしのほうがオススメ!
カテキンの他にも「カフェイン」も多く含まれており、ウォーキングや水泳などの運動前に摂取することでよりカロリー消費を助けてくれる効果があります。

出典:高濃度茶カテキンに体脂肪燃焼効果があるってほんと!?

ウコン茶

ウコン茶には脂肪燃焼効果が高いとする成分「クルクミン」がたくさん含まれています。

140917_1_1

Photo:写真AC

また、肝臓機能を助けてくれることのはじめ、コレステロールの生成の抑制、胃潰瘍の改善、血液の浄化など健康にうれしい効果がたくさんつまったものすんごいお茶なんです!
飲み方としては一日数回に分けて食後に飲むのがオススメ!
「クルクミン」は油に溶けやすい性質を持っているので、油などを使った料理を食べた直後であればより吸収しやすくなるからです。

出典:高濃度茶カテキンに体脂肪燃焼効果があるってほんと!?

烏龍茶

やっぱり烏龍茶はすごかった!
烏龍茶に含まれる成分「サポニン」が食べもの脂肪分に吸着してて、体内へ吸収させずに排出する働きがあるんです。

140916_3_7

Photo:写真AC

この他にも血中のコレステロール値を下げて、中性脂肪を減少させる作用をもつ「ポリフェノール」も豊富に含まれており、アンチエイジングや美肌効果にも期待ができます。
飲み方としては有酸素運動をする30分前に飲用すると◎。

出典:烏龍茶のポリフェノールの効能を徹底分析

ゴーヤ茶

あの苦味成分がダイエットにも効く?!
ゴーヤの種には「共役リノール酸」が豊富に含まれており、この成分は内臓脂肪や皮下脂肪の減少効果に期待できます!

140916_3_5

Photo:写真AC

独特の苦み成分である「モモルデシン」と「チャランチン」という成分が、血糖値や血圧を下げる「インスリン」の分泌を促進してくれます。
ですから食事中に一緒にゴーヤ茶を飲むことで血糖値の上昇を抑制し、脂肪をつきにくくすることができるのです。
この苦みがどうも苦手で…という方はオリゴ糖などをちょい足しして飲んでみることをオススメします!

出典:ゴーヤー茶の効果について大学名誉教授が解説


お茶を上手に飲みながら脂肪をメラメラと燃焼しちゃいましょう!

ご意見・ご要望などはこちらから ⇒
サポートセンター
利用規約・プライバシーポリシー

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。