トレーニングに疲れたときは。いつものお風呂場で出来る”簡単マッサージ術”

仕事やダイエット、トレーニングで頑張ってくれた自分の身体。
1日の疲れを癒すバスタイムを使って、綺麗になるための仕上げをしましょう!
お風呂でできる、明日に疲れを残さない簡単マッサージをご紹介します◎

お風呂場で出来る部位別マッサージ方法

日頃のバスタイム、忙しい人はお風呂に入らず、ついついシャワーで済ませてしまう人も多いと思います。
でも、一日の疲れを癒すなら、きちんとお風呂に入って身体を温めた方がダイエットにも効果的です。
さらにマッサージを行えば、体内の血行を促して身体のコリがほぐれ、冷えやむくみを解消してくれます。

41~42度の湯温で、3分入浴、5分休憩を2回繰り返し、最後にまた3分、肩までしっかり浸かりましょう。
休憩中は洗髪、洗顔、身体を洗い、入浴中はマッサージをして過ごすのがポイントです。

二の腕

25_1

Photo:写真AC

  1. 左の掌を上に向けて、右手の親指が上になるように左手首を掴みます。
  2. そのまま右手を手首から脇の下までスーッとさすりあげ、左手は天井方向に伸ばします。
  3. 手首に溜まったリンパを脇へ流すようなイメージで、石鹸やマッサージオイルなどを使いながら、優しくマッサージします。
  4. 左右10回×5セット行います。

お腹

  1. 両手を重ねてヘソの右下あたりにあて、親指以外の指の腹を使って優しく小さく円を描くように3回クルクルとマッサージします。
  2. おヘソを中心に6~8か所を3周繰り返します。
  3. 下腹を両手で掴み、ぞうきんを絞るようなイメージで、まんべんなく脂肪をねじります。
  4. みぞおちに両手をあて、下腹部へ向かって交互に10回さすり下ろします。
  5. 肋骨の下側に沿って、みぞおちから外側へ向かって10回さすります。
  6. 右手は左側の脇腹、左手は右側の脇腹にあて、お腹の肉を軽く持ち上げながら身体の内側へリズミカルに10回さすります。

25_2

Photo:写真AC

  1. 左右の鎖骨上部にある凹み部分を、外側から内側へ5回(×5セット)さすります。
  2. 左右の鎖骨下部を中心から脇に向かって5回(×5セット)さすります。
  3. 右耳の下から首にかけて右の手のひらをあて、指先全体で首のリンパを押し流すイメージで、息を吐きながら10秒かけて頭を傾けます。息を吸いながら10秒かけて頭の位置を戻します。(左右5回×5セット)
  4. 指の腹を使い、耳の下から肩先に向かってさすった後、耳の下から鎖骨のくぼみを通過し、身体の中心に向かってさすります。(左右5回×5セット)

25_3

Photo:写真AC

  1. 後ろから足首を掴み、膝の裏に向かってさすりあげます。両手を交互に使って5~6回繰り返します。
  2. 膝裏のくぼみを指の腹で押して刺激します。
  3. 太ももを、両手の親指が上になる形で掴みます。膝裏から足の付け根に向かってさすります。

鎖骨や脚をマッサージする時は、リンパ液を関節に押し流すイメージでマッサージするのがコツです◎

いつものバスタイムにプラスして、ぜひ実践してみてください♪

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。