寝る「前」に気をつけて。ダイエット効果を高める就寝前の過ごし方

毎日のダイエットに疲れてしまった人、ちょっとくじけそうな人におすすめの「寝る前」ダイエット。

毎日寝る前にちょっと気を付けるだけで効果が出る秘密のダイエット法をご紹介します。

なぜ寝る前のダイエットが効果的なのか

11_1

Photo:Pixabay

仕事や家事、育児…日々の生活で身体は疲れていませんか?
一日の疲れを次の日に持ち越してしまうと、身体がむくんでしまいますよね。
むくみは、セルライトや肌のたるみの原因にもなってしまいます。
本格的なダイエットをする時間がない、気力もないという人もいますよね。

そこで、簡単にできる寝る前ダイエットが効果的なのです!
寝る前の簡単なストレッチは、脳と体を睡眠モードに切り替えてくれるので、質の良い眠りへと導きます

柔軟性のある筋肉は基礎代謝を高めてくれるので、消費エネルギーも上がります。
つまり、寝る前にストレッチをして少しずつ柔軟性を高めれば、寝ていてもエネルギーを消費してくれる身体になるのです。

寝る前ストレッチ

11_2

Photo:Pixabay

睡眠モードに切り替えるためのストレッチは強度の弱いトレーニングにとどめることが大切です。
身体が伸びて気持ち良く、眠くなったらそのまま眠ってしまいましょう。

お尻と腹斜筋(脇腹)を伸ばす

  1. 仰向けになって両腕を肩の高さで伸ばし、手のひらを床につけます。
  2. 左手を右足の膝あたりに添えて、大きく息をフーッと吐きながら右足を左側に倒します。
  3. 顔は右腕の方に向け、右の脇腹とお尻が伸びていることを感じながら10秒キープします。
  4. 終わったら反対側も同じように繰り返します。

お尻のコリが緩和し、脇腹や腰回りを伸ばしてくれます。

股関節と脇の下を同時に伸ばしてリンパを流す

  1. 仰向けになって両足の裏を合わせます。
  2. 右腕は肩の高さで伸ばし、手のひらを床につけ、左手は真っ直ぐ頭の上まで伸ばして床につけます。
  3. 息を吐きながらお尻と背骨を天井に向かって押し上げます。
  4. お尻と肩のラインが一直線になるところで10秒キープします。腰や首に負担がかからないよう注意します。
  5. 終わったら反対側も同じように繰り返します。

身体の老廃物を流し、股関節を柔らかくします。

むくみ解消

  1. 仰向けになって両手足を天井に向けて持ち上げ、ピンと伸ばします。
  2. 手首、足首を30秒間ブラブラさせます。

指先がジンジンするように感じる時は末端まで血流が巡った証拠です。

寝る前の白湯でさらにダイエット効果UP

11_3

Photo:足成

女性は暖かい日でも身体が冷えていることがあります。
寝る前のストレッチに加えてコップ一杯の白湯を飲むようにすると、脂肪燃焼効果が高まります
さらに内臓機能の向上や、腸内に溜まった老廃物もデトックスしてくれるので、ストレッチの前後に白湯を飲むといいですよ。

今夜から簡単にはじめられるので、ちょっと体形が気になってきた…という人は試してみてはいかがでしょうか。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。