角質を取りたいけど保湿も大事。もち肌は“シュガースクラブ”で

古い角質などを除去してくれるスクラブ。塩で手作りができることは、ご存じの方もいると思います。スクラブで角質除去をすると気になるのが、肌への刺激と乾燥。

そんなお悩みは、シュガースクラブで解決できちゃうんです。

手作りスクラブといえば塩じゃないの?

sugar_02

出典:pinterest

肘やひざ、かかとのお手入れに一役買ってくれるのが塩のスクラブですよね。発汗作用もある塩をスクラブとして使うことで、ダイエットにも最適ですよね。

また、肌の引き締め効果もあります。
でも、塩は粒子が尖っているので、顔などのデリケートな部分には使うことはオススメできません。敏感肌の方も避けた方がいいかもしれませんね。
だけど、顔や唇などもスクラブでお手入れしたい。だったら、刺激が少ないシュガースクラブがいいんです!

出典:《保湿力がバツグン》”手荒れ”や”カサカサ唇”にも効果絶大 流行の「砂糖スクラブ」について知りたい

なんでシュガースクラブがいいのか?

suger_03

出典:pinterest

砂糖は、高い浸透力と保湿力もあるので、もちもちでやわらかい肌にしてくれるんです。化粧水などが肌に浸透しやすくしてくれます。また、傷を直してくれる効果もあり、昔は治療薬としても使われていたそうですよ。

シュガースクラブに最適なお砂糖は、ミネラル分が多いものを使うとよりしっとり感が実感できるので、てんさい糖・ブラウンシュガーなど黒砂糖がいいでしょう。

そして大切なオイル。アンチエイジング効果を期待したいのなら、少しお高いのですが『プルーンシードオイル』!抗酸化作用があります。

もちろん、オリーブオイルでもいいのですが、美白作用もあるオイルが『スイートアーモンドオイル』です。
赤ちゃん用の石鹸にも使われるこのオイルには、抗炎症作用や皮膚を柔らかくしてくれる効果、保湿力もあります。

出典:《保湿力がバツグン》”手荒れ”や”カサカサ唇”にも効果絶大 流行の「砂糖スクラブ」について知りたい

基本の作り方

suger_04

出典:pinterest

作り方は、とっても簡単♪
砂糖とオイルを1:1の割合で混ぜるだけです。砂糖50gなら、オイルも50g。
はじめて作るときには少しだけ作ってみて、使い心地を試してみてください。オイルの量で好みの硬さに調節できます。

黒砂糖では刺激が物足りないという方は、グラニュー糖で作ってみてもOK!ですが、グラニュー糖で作った場合は、塩スクラブ同様、顔など皮膚がデリケートなところには使わないほうがいいですよ。

出典:《保湿力がバツグン》”手荒れ”や”カサカサ唇”にも効果絶大 流行の「砂糖スクラブ」について知りたい

シュガースクラブの使い方

sugar_05

出典:pinterest

シュガースクラブは、必ず濡れた肌に使ってくださいね。乾いた肌に使ってしまうと、優しいとはいえ肌を傷つけてしまうことがあります
シュガースクラブを手にとって、肌の上でクルクルとマッサージします。お砂糖のつぶつぶ感がなくなったら、ぬるま湯で洗い流します。

もし洗い流したあと、ベタベタ感が気になるようなら、石けんで軽く洗い流してください。この時、洗い過ぎは厳禁ですよ!せっかくの効果も一緒に洗い流すことになってしまうので、あくまでも軽くです。
たったこれだけで、ツルツルでぷるんぷるんの肌になっちゃいます。

出典:《保湿力がバツグン》”手荒れ”や”カサカサ唇”にも効果絶大 流行の「砂糖スクラブ」について知りたい

いかがですか?カサカサになりがちな唇や、荒れてしまった手など、気になるところに使ってみてください。

これで敏感肌も乾燥肌も改善!今日からさっそく試してみてくださいね。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。