寝正月の運動不足をリセット。鈍った身体に喝を入れるポーズ

食べたり飲んだり寝たりと太る要素が盛りだくさんの年末年始ですが、皆様どのように過ごされる予定でしょうか?

今日は鈍った身体に心地よい刺激を与え、健康増進効果の高い有名なヨガのポーズのひとつ、ダウンワードフェイシングドッグポーズ(下向きの犬のポーズ・アドムカシュヴァナアーサナ)をご紹介したいと思います。

Photo:flickr

有名なヨガのポーズ!下向きの犬のポーズ

このポーズは上半身・下半身に同時に負荷がかかることで、短時間で全身に効く大変効果的なポーズであり、筆者イチオシのヨガポーズです。

※滑りやすい場所、ベッドの上などの柔らかい場所ではポーズが安定しづらいため、できるだけ固めの滑りづらいところで行いましょう。

  1. 写真のようなポーズ(チャイルドポーズ)からスタートします。両手両足はそれぞれ肩幅と腰幅となるように置きます。
  2. そこから身体を持ち上げ四つん這いになります。
  3. image02

  4. 腰を高く上げ、ゆっくりと呼吸をしながら上の写真のように全身で三角形を作ります。このポーズがダウンワードフェイシングドッグポーズ(下向きの犬のポーズ)です。

    手のひら全体、足の裏全体を使って床を押します。
    なかなかハードなポーズですが、このまま30秒〜1分程度ゆったりと呼吸してください
    余裕があれば3セットほど行ってみましょう。

    ※めまいなど不調を感じたらすぐにポーズをやめてチャイルドポーズに戻りましょう。無理に行う必要はありません。

  5. 応用として足踏みをしたり、片脚を天井に向かって上げたりと、さらにストレッチ強度を上げることができます。
  6. ポーズが終わったら再びチャイルドポーズに戻りましょう。

いかがでしたか?ぜひこのダウンワード・フェイシング・ドッグ・ポーズで鈍った身体に喝を入れて、清々しい新年を迎えましょう!

オススメ記事
ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。