冬だからこそ気にしたい。「食べる日焼け止め」になる最強フード

実は冬だからこそ徹底したい日焼け対策。紫外線を浴びてしまったあとのケアが、あなたの肌の命運を握っているのです。

バナナはスジも一緒に食べて!

紫外線をたくさん浴びてしまったあとには、バナナを食べるのがおすすめです。抗酸化作用が強いので、肌の老化を防ぐと共に、日焼けの弊害である動脈硬化などを改善する働きも期待出来ます。

バナナの場合は、筋も一緒に食べると良いでしょう。よりたくさんの栄養素を取り入れることが出来ます。

6_1

Photo:Pixabay

ビタミンC+ビタミンEで肌が復活!

シミやソバカスの原因となるメラニン色素の生成を抑えてくれるのが、ビタミンCやビタミンEです。

肌のハリやコシの元となるコラーゲン生成にも深く関わってくるので、日焼け後の肌を復活させるためには、この二つのビタミン摂取がとても重要になって来ます。

コーヒーでシミ予防に

実は、コーヒーを日常的に摂取している人は、肌にシミが出来にくいという結果が明らかになっています。シワの対策やアンチエイジングにも効果的と言われていますよ。

6_2

Photo:Pixabay

夜にトマトを食べてリコピンパワー炸裂

また、夜にトマトを摂取しておくのも日焼け対策として非常に有効とされています。これはトマトに含まれているリコピンの力です。

強い抗酸化作用を持っており、肌の老化やシミを防いでくれます。

6_3

Photo:Pixabay

日焼けは事前対策とアフターケアが非常に重要です。食生活をはじめとして、ちょっとしたケアポイントから対策しておくことが大切ですね。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。