知っておきたい!自分に合う正しいシャンプー剤の選び方

毎日の洗髪で欠かせないシャンプー。皆様は、何を基準にシャンプー剤を選んでいますか?
市場には沢山の商品が溢れ、どんなシャンプーを選んだよいか分からない方も多いのではないでしょうか?そこで、自分にあったシャンプー剤の選び方をご紹介したいと思います。

自分に合ったシャンプー選びを!

シャンプー剤は、頭皮の状態で選びましょう

image00

Photo:dollarphotoclub

シャンプーは、頭皮の汚れを落とし清潔に保つものです。
シャンプー剤を選ぶポイントは、自分の頭皮の状態に合わせて選ぶ事です。

乾燥肌の方は、洗浄力が弱めのものを、脂性肌の方は、洗浄力が少し強めのものを選ぶようにしましょう。

シャンプー剤は、ラベルを見て選びましょう

image03

頭皮の汚れを落とすには、界面活性剤が必要になります。
シャンプー剤は、8割~9割は水と界面活性剤で出来ています。この界面活性剤の種類で、洗浄力が強めなのか弱めなのか決まります

よってシャンプー剤を選ぶ際は、どんな界面活性剤が使われているのかラベルを見て確認しましょう。成分表は、配合量の多い順から記載されますので、水の次に界面活性剤が記載されています。

シャンプー剤の種類と特徴

image01

Photo:写真AC

シャンプー剤は、大きく下記の3種類に分類されます。

  1. 硫酸系シャンプー
    高級アルコールを原料とした洗浄成分で、成分名は「ラウレス硫酸Na」「ウラリル硫酸Na」など~硫酸と記載されています。洗浄力が非常に高く泡立ちがよいため、多くのシャンプーで使用されています。脂っぽく頭皮のべたつきが気になる方や、夏場など汗や皮脂が出やすい季節には向いています。脱脂力が非常に強いので、乾燥肌やフケ・かゆみが気になる方には不向きです。
  2. 石鹸系シャンプー
    脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムを原料とした洗浄成分で、成分名は「石ケン素地」「カリ石ケン素地」などと記載されています。石ケンシャンプーは、天然由来成分で頭皮には優しいですが洗浄力が強めです。普通肌や脂性肌、頭皮のべたつきやニオイが気になる方におすすめです。アルカリ性で脱脂力が強めなので、敏感肌や乾燥肌の頭皮には不向きです。
  3. アミノ酸系シャンプー
    アミノ酸を原料とした洗浄成分で、成分名は「ココイルグルタミン酸」「ココイルアラニン」「ココイルグリシン」などココイル~と記載されています。髪の成分と同じアミノ酸系なので保湿力が高く頭皮に優しいのが特徴です。乾燥肌や敏感肌、フケやかゆみが気になる方におすすめです。ただし、洗浄力が弱めなので丁寧な洗髪が必要です。

Woman washing her hair on white tiles background.

Photo:fotolia

自分の頭皮に合ったシャンプーを使う事で、頭皮の状態が良くなり髪も変わってきます。毎日使うものだからこそ、自分にあったシャンプー剤を選んでみてくださいね♪

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。