出典:pinterest

バナナを‘80℃’まで温めるだけ!身近な食べ物がスーパーフードに

栄養満点でみんな大好きなバナナ、実は温めることで超効果的な健康食になるんです!これからの時期にぜひ食べたい、ホットバナナの効果とレシピはこちら!

バナナを温めるとスーパーフードに

29_1

Photo:Pixabay

バナナには、もともとポリフェノールやオリゴ糖などが豊富に含まれており、抜群の免疫力アップ効果便秘改善効果があると言われています。

実は、温めることでそれらの効果を更にアップさせることができるんです!バナナを温めると、ファイトケミカルを包んでいる細胞が破壊されるため、体内に取り入れやすくなります。

血液中の白血球の質が高まり、病原菌と戦う力がアップするでしょう。美肌や便秘にも効果的です。

80℃のワケ

29_2

Photo:写真AC

ホットバナナのベストな温度が80℃。あまり温めすぎて焦がしてしまうと、今度はたんぱく質が変化して免疫力アップ効果が得にくくなります。

栄養効果が最も高く、かつ美味しいと感じられる温度が80℃なのです。

ホットバナナレシピ

29_3

出典:レシピブログ

基本的に温めるだけなので、皮をむいたバナナを600Wの電子レンジで30~40秒温めるか、アルミホイルに乗せてトースターで焼くだけでもOKです。更に美味しく食べたいという方は、こちらのレシピを試してみてください。

まず皮をむいて縦半分に切っておきましょう。そしてフライパンを温め、バナナの形になるようにグラニュー糖を広げます。その上に切り口が下になるようにバナナを乗せましょう。

なるべく動かさずに焼くのがコツです。グラニュー糖がキャラメル色になったら、バナナをフライパンの端に寄せてひっくり返してください。両面とも焼けたら完成です。一度焼いたら冷やしてもOKなので、アイスやヨーグルトと一緒に食べても美味しいですよ。

インフルエンザ予防にも

29_4

Photo:ぱくたそ

バナナに含まれる成分レクチン(通称BanLec)は、インフルエンザウイルスの感染を防ぐ効果があります。そのため、ホットバナナはインフルエンザの予防にも効果的。これからの季節、大人だけでなく子供にも食べてもらいたいですね。

体に良いだけでなく、とても美味しいと評判のホットバナナ。朝食に取り入れて、オシャレに健康を目指してみませんか?

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。