いつの間にかゆがんでる。左右対称のボディを作るエクササイズ

日々の生活習慣で身体がゆがんでいるかも、と感じている方。
左右対称のクセのない身体にしておくことは、余分な筋肉のコリや疲労を減らし、血行を促進するので、身体を若く美しく保ってくれます。

美しいと感じる顔は左右対称の顔、と言う説がありますが、身体にも当然同じことが言えます。
今日は左右対称の身体をつくるためのエクササイズをご紹介します。

Photo:fotolia

左右対称かんたんエクササイズ

意識して左右対称の身体を作っていこう

人間の身体は利き手や利き足があることもあり、多少の左右差があるのが普通です。

プロスポーツ選手などは、あえて左右のズレを解消しないことでパフォーマンスを上げるという方もいますが、特にそのような理由がない場合、身体が左右対称になるように目指すことが美しい身体づくりの基本となります。

筋トレ、ラジオ体操、バレエのバーレッスン、ヨガなどでは、必ず左右交互に同じ動きを行い、左右対称に身体が出来上がるように行われています

もちろん運動をしている時だけでなく、日常生活の中でも気を付けていきたいものです。
例えば、、、

  • バッグを同じ側だけでなく、左右交互に持つ。
  • 脚を組んだら反対側も同様に組む。
  • 片方の足に体重をかけたら、反対の足にも同様に体重をかける。
  • いつも利き手でやっていることを逆の手でやる。

片方やったらもう片方も同じだけやる、と言うのが基本的な考え方です。
苦手な方をあえて行うことは脳のトレーニングになるという意味でもオススメです。

実際にゆがみをチェックして直してみましょう

基本的に筋肉の左右差を直していけば左右対称を目指すことができます

鏡で左右の肩の高さが同じであるかチェックしてみて下さい。
片方の肩が高い場合、低い方を多く伸ばすことで高さが同じになるように整えます。

例えば左の肩が下がっている場合、下図のストレッチを左へ5回、右へ10回などと左右差をつけ、高さが同じになるように整えます。
image03

左の腰が低い場合、腰を持ち上げる動作を右5回、左10回などと左右差をつけ、高さが同じになるように整えます。
image00

≪番外編≫
こちらは左右ではなく前後のゆがみです。
猫背でスマホ操作やデスクワークを続けてしまった後は、両手を組み肩甲骨を寄せ、顔を上へ向け調整します。
image01

いかがでしたか?普段から意識して左右差をなくすよう気を付けたり、鏡を見て身体を整えたりと、左右対称の身体を作る習慣をつけていきましょう。

オススメ記事
ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。