結婚前に考えるべきこと。共働きor専業主婦どちらが正解?

あなたは結婚後の自分を想像したことがありますか?このまま仕事を続ける。

専業主婦として家庭に入る。近い将来「選択」をする時が訪れるかもしれません。
「共働き」と「専業主婦」それぞれについて、今考えてみませんか?

「共働き」の場合

共働き01

Photo:写真AC

◎経済的に安定する

夫婦共に収入を得ることで、経済的な余裕を持つことができるでしょう。“妻が自由に使えるお金”もできるかもしれません♭

◎社会人として成長し続ける

仕事を続けて経験を積むことによって視野が広がり、一社会人として成長し続けることができるでしょう。

△時間が足りなくなる

仕事と家事、または育児との両立が必要となります。出勤前や帰宅後、また休日を利用して、全てこなさなければなりません。負担が重くなり過ぎないように、夫の理解とお互いに協力し合うことが大切となります。

出典:「共働き」と「専業主婦」、どっちがいいの?それぞれのメリット・デメリットを紹介

「専業主婦」の場合

共働き03

Photo:写真AC

◎時間に余裕がある

専業主婦であれば、時間があるため家事や育児に専念できます。

また、夫婦の会話の時間もゆったりととることができるでしょう。

◎子供とじっくり向き合える

育児に専念することで、常に子供のそばにいて成長過程を見守ることができます。

△自分の収入がない

夫の収入のみとなるため、経済的余裕が持てなくなる場合があります。
仕事をしていた頃と比べて自分で自由に使えるお金が少なくなるでしょう。家計管理をして上手にやりくりできるようにしたいですね。

出典:「共働き」と「専業主婦」、どっちがいいの?それぞれのメリット・デメリットを紹介

△復職が難しくなる

家庭に入り家事や育児に専念できる一方で、その期間は社会との繋がりが少なくなります。
またブランク期間が長くなればなるほど、復職しようとした際に希望の職種に就くことが難しくなります。
再就職を考え始めたら、資格を取得するなど社会復帰のための準備をしましょう。

出典:結婚したら仕事辞める?「専業主婦」のメリット・デメリットを徹底検証

「共働き」?「専業主婦」?

共働き04

Photo:写真AC

どちらかが「正解」ということはありません。
家族がハッピーに過ごせるように、パートナーとよく話し合い“二人に合った答え”を見つけましょう。

出典:「共働き」と「専業主婦」、どっちがいいの?それぞれのメリット・デメリットを紹介

いかがでしたか?
結婚、出産などその時の状況や環境に応じて、じっくりと答えを探してみるのがいいかもしれませんね♭

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。