実は顔がむくみやすい夏。朝からスッキリ小顔でいるためには?

夏の朝、起きたら顔がパンパン・・・。こんなむくんだ顔で出かけたくない!ということはありませんか?
意外にも、夏はむくみが出やすい季節なのです。

むくみが起こるメカニズム

image04

Photo:pakutaso

血液は細胞に酸素や栄養分を送り届け、老廃物を戻しています。
それらの受け渡しの役目をするのが、血管と細胞の間を満たす細胞間液です。

しかし、何らかの原因で血管やリンパ管との圧力バランスが崩れると、細胞間液がうまく吸収されずに水分がたまり、むくみが起こります。

朝に顔がむくむのはなぜ?

起きてる時は重力の影響で、静脈やリンパが下に向かって流れるのを助けます。
しかし、寝ているとその影響がなくなるため、顔に水分が向かってしまいます。さらに、体を動かさない状態では、血流やリンパ液の流れが滞りやすくなり、むくみを助長します。

夏にむくみやすい理由は?

image00

Photo:gatag.net

暑さで冷たい水分を過剰摂取すると、体に水分がたまってしまいます。また、その冷たい水分や強い冷房は、知らず知らずのうちに体を冷やしており、血液の循環を悪くしています。

その上、夏は大量に汗をかくため、水分と同時にミネラルも排出され、カリウムなど体内の水分を調整するミネラルが不足しがちになります。

さらに、夏は体力を消耗しやすく、暑さで良い睡眠がとれないことも。疲労や睡眠不足は代謝を落としてしまいます。
これらのことが、夏のむくみとなって現れてくるのです。

むくみの予防方法

  • 水分のとり方に注意する
  • 冷たい水のガブ飲みは避け、常温でミネラルの含まれる飲み物をこまめに摂取するようにしましょう。
    水分をため込まないためには、利尿作用のあるお茶なども良いです。

  • むくみを解消する食べ物を
  • image03

    Photo:写真AC

    ナトリウムはむくみの原因となるため、塩分の多い食事は控えましょう。カリウムは浸透圧を調整し、ナトリウムを排泄する作用があるため、むくみの解消に効果的です。

    バナナ、アボガド、メロン、きゅうりなどに多く含まれます。
    また、血管を拡張して新陳代謝をよくするビタミンEもむくみに良いとされます。ナッツ類、アボガド、かぼちゃなどに多く含まれます。

  • 適度に体を動かす
  • Fotolia_73019004_Subscription_Monthly_M

    Photo:fotolia

    老廃物の排泄には筋肉の動きが大切です。代謝を高めるためにも適度に体を動かしましょう。

    暑くて動くのが億劫な時は、ストレッチだけでもOKです。

すぐに顔のむくみを取りたい時には?

  • マッサージや軽い運動を
  • image05

    Photo:pakutaso

    滞っている水分を流すためには、まずはからほぐします。
    頭を左右に数回大きくゆっくりと回し、鎖骨の上のくぼみを押すようにしてリンパの流れを促進します。

    その後、あごから耳に向かってフェイスラインを上げるようにマッサージし、さらにリンパの流れに沿って、耳の後ろから首筋に向けて水分を押し出すようにします。

  • 温冷法で血流促進
  • まぶたの腫れぼったさが気になる時は、温めて冷やす「温冷法」が効果的。
    蒸しタオルを顔全体に当てて約1分おきます。 次に冷水で顔を冷やします。 これを2~3回繰り返えすとむくみが早く引きますよ。

    顔がむくんでいると、どんな美人も台無しです。
    スッキリ小顔で気持ちよく一日を始められるよう、むくみ対策は万全に!

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。