これって危険なんでしょ?あなたの勘違いしてる化粧品成分3つ

巷に溢れる数々の化粧品。その中には「危険」と言われる成分もあることは、よく耳にするかと思います。
しかし、誤った認識のせいで必要以上に悪者にされてしまっている成分も多いのです。

パラベンフリーなら安心?

防腐剤として使用されるパラベンは、アレルギーを起こす可能性がある成分として嫌われがちです。
でも、パラベンはごく少量で効果があり、安全に配合できる技術が確立されています。

image00

Photo:写真AC

逆にパラベンフリーを謳った化粧品は、代わりに他の防腐剤を使用していることが多いです。例えば緑茶由来成分のフェノキシエタノールなど。パラベンより防腐効果が劣るため、同様の効果を得る量を配合すると、パラベン以上の刺激があるのです。もちろん少量であれば問題ない成分ですが。

これらの防腐剤入っていない「防腐剤フリー」とされている化粧品でも、他の殺菌効果のある成分を配合されることが多く、その量は防腐剤以上となります。

気になる界面活性剤とは?

もう一つ、避けられがちな成分として界面活性剤があります。
界面活性剤とは、水と油のように本来混ざらないものを混ぜ合わせる作用をする物質の総称。乳化剤、洗浄剤、石鹸などを全部まとめて界面活性剤と呼ぶのです。

image03

Photo:写真AC

人体に蓄積されるという説もありますが、人が一日に摂取してる量は影響が出始めるとされる量のわずか0.1%。催奇性や発がん性なども噂されていましたが、そのリスクはコーヒーなどに含まれるカフェイン以下です。

界面活性剤自体に毒性があるわけではなく、洗浄剤が油分を落として肌を乾燥させることから悪いイメージがついたようです。

植物由来成分は肌に優しい?

植物由来成分と聞くと、誰でも使えそうな肌への優しさをイメージする方が多いと思います。
しかし、実はアレルギーのリスクは化学合成成分よりもかなり高いのです。

image02

Photo:写真AC

植物エキス高濃度配合、などと聞くとつい喜んでしまいますが、もしその植物にアレルギーがある方が使えば、悲惨なことになってしまいます。
植物由来か化学合成かではなく、それぞれの成分のアレルギーや刺激性などを考えて選ぶ必要があります。

安全な化粧品を見つけるには

「どの化粧品成分が安全なの?」
その答えは一概には言えず、「その人の肌に合った成分が安全」ということになります。

ほんの少しのある成分で肌荒れを起こす人もいれば、逆に全く大丈夫な人もいます。
まずは自分の肌質や体質など、自分自身をよく知ることから始めましょう。

image01

Photo:写真AC

万人に安全な化粧品というものは存在しないと考え、新たな化粧品を使用する時はパッチテストをして、問題がないか確認してから使い始めると安心です。

インターネットなどではたくさんの情報が飛び交っていますが、正しい情報を元に、単なる謳い文句だけで化粧品を選ばないようにしましょう!

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。