Photo:Anderson Sant AnaCreative Commons

こってりメニューも怖くない?定番食べ合わせには理由があった

美味しい食べ物にカロリーは付き物。ですが脂肪の吸収を少しでも抑えて食べられたら嬉しいですよね。実は付け合せとして定番化しているアノ食材たちが一役かってくれてるとか・・。

トンカツとキャベツの千切り

①

Photo:写真AC

キャベツは食物繊維が豊富な食材として知られていますが、この食物繊維にはトンカツなどの揚げ物に含まれる脂肪の吸収を抑える働きがあるんです。

さらに揚げ物を食べる前にキャベツを食べておくとその効果は格段にアップします。

出典:食欲の秋に要注意!定番の食べ合わせ、実は身体に悪い?!

焼肉とキムチ

②

Photo:写真AC

発酵食品であるキムチには、代謝を上げ胃の消化機能を活発化させる働きがあります。またキムチの辛味を作り出す唐辛子カプサイシンが含まれており、これは脂肪の吸収をカットしてくれる成分です。

合わせて発汗作用も脂肪燃焼に一役かってくれます。

出典:渋谷・神泉のおいしいホルモン&焼肉「永秀」

ラーメンとネギ&わかめ

③

Photo:写真AC

ネギは血糖値の上昇を穏やかにし、わかめは脂質の吸収を緩やかにしてくれる効果があります。腸の働きも活性化させるためデトックス効果にも期待が持てる食材です。

炭水化物と脂質の多いラーメンと合わせて食べるのにピッタリな食材と言えるでしょう。

出典:ねぎの栄養と効果

食材の組み合わせや食べる順番に気をつけて、ストレス無く脂質カットしちゃいましょう!

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。