うっかり日焼けに要注意!見落としがちな紫外線対策のポイント

日差しが強い季節になると日焼け対策を始める方が多いですが、実は日差しを気にするだけでは完璧な紫外線対策とは言えません。
「これぐらいならいいか」と油断しがちな場面でも、意外と紫外線量は多いのです。

部屋の中なら安心?

日の当たる窓辺では、屋外の約80%もの紫外線が降り注いでいます。
日の当たらない室内でも、約10%が入り込んでいるそう。

image02

Photo:写真AC

特に肌を黒くする紫外線A波(UV-A)は、窓ガラスやカーテンをすり抜けてしまいます。
外出しないから大丈夫と思わず、室内でも日焼け止めは塗りましょう。
朝の洗顔後のスキンケア時に日焼け止めも一緒に塗る習慣を付けると良いですよ。
また、窓ガラスに貼るUVカットシートなども有効です。

曇りの日は紫外線は少ない?

空のほとんどを雲が覆っていても、薄雲りならば晴天時の約80~90%の紫外線量があります。
カンカン照りの時とさほど変わらない影響があるのです。

image01

Photo:写真AC

厚い雲の場合でも約50~60%、雨の日でも30%以上が届いています。
さらに、雲の状態によっては、反射によって晴天時以上の紫外線量となることも。

日陰なら大丈夫?

直射日光の当たらない日陰でも、約50%の紫外線が届きます。
紫外線は太陽から直接届くだけでなく、空気中で広がる散乱光があり、これが全紫外線量の約60%を占めるとも言われています。
可視光線や波長の長い赤外線は波長が長いため、散乱しにくく日陰には届きにくいので、日陰は暗く涼しく感じつい安心してしまいがち。
しかし、波長の短い紫外線は小さなものにも反射し、日陰でも確実に届いているのです。

image00

Photo:写真AC

長袖を着ていれば焼けない?

肌を隠しているつもりでも、紫外線は薄い布は通り抜けてしまいます。
特に綿素材は紫外線を透過しやすく、さらに白に近い色ほど紫外線を通しやすくなります。
せっかく紫外線対策に長袖を着るのであれば、UVカット機能がある洋服や、90%以上の紫外線をカットする性質があるポリエステルやウール素材を選びましょう。
衣類用UVカットスプレーなどを利用するのも手です。

image04

Photo:写真AC

肌の老化を促進する一番の原因は紫外線です。
老化の約80%が紫外線(光老化)による影響だとも言われています。
知らず知らずに受けた紫外線で肌にダメージを与えることがないよう、これまで見落としていたポイントをチェックして、しっかりと対策しておきましょう!

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。