Photo: cocoparisienneCreative Commons

夏の紫外線ダメージを強力ブロック!美白効果にある食品って?

夏に降り注ぐ強烈な紫外線は、美白を保ちたい女性の大きな敵。夏は美白効果の高い食品を積極的に食べてケアしたいですね。今回は、夏の紫外線をブロックし白い肌をしっかり守ってくれる食品を4つ紹介いたします。

にんじんがメラニン色素の生成を防いで美肌を作る

①

Photo:avaxhome.ws
Creative Commons

にんじんに含まれる「β-カロテン」にメラニン色素の発生を防ぐ効果があります。βカロテンには高い抗酸化作用があり、紫外線によって皮膚の細胞が酸化してメラニン色素が発生するのを防ぐ効果があります。

また体内でβ-カロテンから変換されたビタミンAが肌の乾燥や荒れを防いでくれるのです。にんじんは油と一緒に食べるのがおすすめ。β-カロテンの吸収率が高まります。

出典:にんじんとは?

トマトのリコピンに強力な抗酸化作用が!

②

Photo:PRMF
Creative Commons

トマトに含まれる「リコピン」に、メラニンの生成を抑制してしみ・そばかすを防ぐ効果のあることが分かっています。リコピンには強力な抗酸化作用があり、特にビタミンEと一緒に摂取することでより美白効果が期待できます。

トマトはビタミンEが豊富なアボカドやカボチャと一緒にサラダにしてみてはいかが。

出典:リコピンで輝く白い肌へ

苦~いゴーヤのビタミンCに美白効果あり♪

③

Photo:写真AC

ビタミンCを豊富に含むゴーヤに美白効果があります。ビタミンCには、メラニン色素の生成を抑えたりシミやそばかすを薄くしたりする作用があるのです。ゴーヤに含まれるビタミンCは熱で壊れにくいので、チャンプルー(沖縄の炒めもの)にして食べるのもおすすめ。

出典:ニガウリとは?

豆乳のイソフラボンで女性ホルモンを活性化!

④

Photo:写真AC

豆乳に含まれる大豆イソフラボンが、女性ホルモンを活性化させて美肌を作ります。エストロゲンという女性ホルモンには、白くしっとりした肌を作るはたらきがあるのです。

また豆乳には、肌荒れを防ぐビタミンB群やビタミンも豊富に含まれています。

出典:しみ 肌 綺麗にイソフラボンの美白効果

夏は外側からの紫外線対策に併せ、体の内側からも美白ケアを行うのをお忘れなく!

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。