Photo:YangChen(TW)Creative Commons

少しのケアで乾燥知らずのしっとりツヤツヤヘアーになれる方法

スキンケアにかまけて、お風呂あがりの髪をそのままにしていませんか?

濡れた髪は表面のキューティクルが開いて無防備な状態になっています。素早く乾かしてケアすることで、髪の乾燥が劇的に改善されるんです!いつものヘアケアにひと工夫して、髪の乾燥を防ぎましょう。

こすらずにプレスする~タオルドライのひと工夫

①

Photo:写真AC

あまり重要視されることのないタオルドライ。このあとドライヤーで、できるだけ熱風を使わないために実はこの工程が重要なんです。タオルドライするときは髪を束に取り、タオルで挟んでプレスするように水分を取りましょう。頭頂部は頭皮を押さえるつもりで。頭全体をタオルで包んで拭くと髪同士が摩擦され、髪が傷みやすくなってしまいます。

ヘアオイルを使って~ドライヤー前のひと工夫

②

Photo:写真AC

タオルドライのあと、何もつけずにドライヤーをかけてはいませんか?これも乾燥の元。キューティクルが開いたこの時こそ、トリートメント成分が浸透しやすいんです。手持ちのオイルを少量なじませるだけで仕上がりに差が出ます!

いきなり熱風を当てないで~ドライヤーをかける時のひと工夫

③

Photo:RyanMcGuire
Creative Commons

髪も皮膚と同じでやけどをすることがあります。ドライヤーの温風を髪の近くで当てていませんか?ドライヤーは髪から20㎝ほど離れたところから当てるようにしましょう。髪の流れに沿って乾かすのもキューティクルを守るのに効果的です。

最後は冷風でクールダウン~ツヤ髪のためのひと工夫

④

Photo:写真AC

髪全体が乾くまで温風を当てる必要はありません。8割ほど乾いたら冷風に切り替えましょう。熱くなった髪が冷やされることでキューティクルが引き締まり、髪がツヤツヤになるんです。髪が余計に乾燥することも抑えられます。

ツボ押しで健康な髪に~仕上げのひと工夫

⑤

Photo:写真AC

仕上げは濡れて冷えた頭皮の血流を取り戻しましょう。髪の健康に効果的なツボを2つ、ご紹介します。ひとつ目は“前頂”。額の中心の生え際から親指3つ分後ろ、両耳の延長と交わるところにあります。2つ目は“天柱”。首の後ろの生え際、うなじにある骨の両側の筋肉部分です。どちらも気持ち良い程度に刺激して。

出典:髪の乾燥を簡単に防ぐ!お風呂上りの「ちょい足し」ヘアケア5つ

乾燥知らずのしっとりツヤツヤヘアを目指して、ぜひお試しくださいね!

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。