やらなきゃ絶対損!1日たったの3分で魅惑の上向きヒップに★

夏に向けてキュッと上がったヒップを目指したいですよね!

お尻が垂れてくると脚も短く、疲れた印象に見えてしまいます。

ダンサー&プロポーショントレーナー、奥原怜美が提唱するヒップアップ成功のポイントはズバリ下記の2点です!

骨盤の角度(前後の傾斜)を整える

お尻の筋肉を鍛える(お尻の筋肉を使って歩く)

Photo:fotolia

1.スタイルを決める「骨盤の角度」

実は、「骨盤の角度」によってヒップラインは大きく変わります。
おへそをやや下向きの角度に骨盤の角度を調節すると、上向きのヒップになるのです。

実際にこの骨盤の角度を意識している方は少ないのではないでしょうか。
背中がずっと丸まっている猫背の方は、だいたいヒップラインが落ちてしまっています。

逆に「反り腰」と言われる反りすぎの姿勢も腰を痛める可能性があるのでアウト。

image03

Photo:fotolia

「骨盤の角度」は程よい角度をキープすることを意識して下さい。

骨盤の位置を調節してみましょう

  1. 脚を前後に開きます。(両ヒザ・つま先はまっすぐ前に向けます)
  2. 胸に光が当たるように肋骨を持ち上げ、お腹を引っ込めて肩を降ろします。
  3. image05

  4. 骨盤はおへそが少しだけ(10~20度程度)下を向くようにして、骨盤を前傾させる力(背筋)と、後傾させる力(腹筋・大臀筋(お尻の筋肉))を拮抗させるように骨盤を安定させてください。
  5. のままの姿勢で、後ろの足に前の足を引き寄せます。
    →ヒップアップした美姿勢の完成です!
  6. image02

【NG例】

猫背姿勢。ヒップが垂れてしまっている。

image04

反り腰。反り過ぎも腰に負担がかかり危険。

image01

2.お尻の筋肉を鍛える、ヒップアップに有効なエクササイズ

ヒップアップに有効な後ろに脚を持ち上げるトレーニングをご紹介します。

バーやテーブルにつかまって、片脚を持ち上げます。
これを10回×2セット行いましょう。

ヒザは伸ばしたままで、お尻にお肉を集めるつもりで脚を上げましょう。
お尻の筋肉と太ももの付け根の辺りを圧縮するようにして下さい。

image00

前に倒れないように上体をキープして下さい。
※ぜひ動画をご参照下さい。

普段歩くときにも、お尻の筋肉と太ももの付け根の辺りを使って歩けるとGOODです。ぜひチャレンジしてみて下さい!

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。