Photo:rupertCreative Commons

食べたら太るは間違い!?食べ方を工夫して痩せ体質にシフト♡

ひたすらカロリーの低い食べ物を選んでいるのに何故か痩せないと悩んでいませんか?その原因はもしかしたら食材よりも食べ方にあるのかもしれませんよ。

代謝や血行で痩せやすくなろう

①

Photo: bohed
Creative Commons

基礎代謝が高く筋肉量の多い人は食事をしたときの発汗量や燃焼率が高めで、食事しながらもカロリー消費が上手にできているんです。日頃の運動や咀嚼の習慣を身につけて代謝と血行を良くし、痩せやすい身体を作りましょう。

食材選びで太りにくくなる

②

Photo:写真AC

納豆や豆腐、おからなどの大豆製品は栄養価とカロリーのバランスがよくとれた食品です。一日3食のうち1度は大豆製品を取り入れましょう。魚介類も脂質を抑えながら代謝を向上させてくれる優秀な食材ですので、大豆を取りにくい外食時は積極的にチョイスしてください。

太りやすさは時間でも変わる

③

Photo:写真AC

夜遅くなってからの食事は即肥満に繋がることはよく知られていますが、逆に昼の2時から3時代は食べても太りにくい時間帯であることは知っていましたか?間食やおやつを食べるならこの時間を狙ってみると良いかもしれません。

出典:カロリーで太るは嘘だった!太らない人から学ぶ3つの食事改善法

しっかり食べてしっかり燃焼するのがダイエットの基本です。コツを掴んで楽しく痩せましょう。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。