あなたは何タイプ?アーユルヴェーダ的ビューティー入浴法!

こんにちは。
アーユルヴェーダセラピスト・インストラクターの花咲 美幸です。

インドスリランカ発祥の東洋医学をベースとした世界最古の若返り自然療法アーユルヴェーダ。
今のあなたの体質にあわせたアーユルヴェーダ的ライフスタイルを送ることで内側からキレイにメリハリ潤い美肌BODYをキープできてしまう秘訣を公開していきます。

今日は「今のあなたの体質にあわせた入浴にを変えるだけでストレスフリー&潤い美肌になれる!」というお話です。

Photo:fotolia

毎日の気温差が激しくついつい体調をくずしがちという人も多い季節ですね。

身体はあたためるとよい!

という一般的な情報からついつい長くお風呂へ入ってしまっているということありませんか?

実は、長くお風呂で温まるほうがいいとは一概には言えないんです。
そこで今日は、アーユルヴェーダ3つのドーシャ別で知るビューティー入浴法をご紹介いたします

アーユルヴェーダ3つのドーシャ

アーユルヴェーダは、体質を「ドーシャ」という3つの生命エネルギーにわけて考えられており、健康な状態にある時にはこの3つのドーシャバランスがとれています。そしてドーシャバランスが乱れると身体は不調を訴え、様々な病気を引き起こす原因となるといわれています。

ドーシャのタイプと、タイプごとの心身の特徴は以下のとおり。

  • VATA (ヴァータ) 風 タイプ・・・スリムで冷え性 行動的
  • PITTA(ピッタ) 火 タイプ・・・中肉中背 熱しやすく冷めやすいけれど情熱的
  • KAPHA(カパ) 水 タイプ・・・色白でぽっちゃりな穏やかな性格

身病を防ぐ生活習慣を送ることで、この3つのドーシャバランスを保ち、病気になりにくい心身ともに健康な身体を維持することができます。
今のあなたにあてはまる特徴はありますか?

3つのドーシャ別
ストレスフリー&潤い美肌をキープできる入浴法

  • VATA (ヴァータ) 風 タイプ・・・暖かいお湯につかりゆっくりとした入浴。ミストサウナに入るのもよい
  • PITTA(ピッタ) 火 タイプ・・・ぬるめのお湯で長く入る入浴やドライサウナはNG
  • KAPHA(カパ) 水 タイプ・・・朝のお風呂が最適です。髪の毛も朝洗うことをおすすめしています

young asian woman relaxing in the bathtub

Photo:fotolia

それではそれぞれのドーシャ別でなぜその入浴法がいいのかを説明していきますね。

VATA(ヴァータ)風タイプの人は、とにかく冷えやすい体質
頭の回転もはやく行動的な方が多いので、自分の身体が疲れていたりすっかり冷えたまま毎日を過ごしている…ということに気がつかないまま日々動いている方が多いので、1日の終わりの入浴は身体をひたすら温めることを中心にゆっくりとしたバスタイムをおすすめしています。
おすすめのアロマは、ローズやラベンダーです。
活動的な心も身体もいったんゆっくりへリセットすると疲れにくくなりますよ。

sea salt and soap on the wooden table

Photo:fotolia

PITTA(ピッタ)火タイプの人は、身体表面は冷えていても体内に熱をこもらせやすい体質ですのでぬるめのお湯での入浴をおすすめしています。
ドライサウナやミストサウナは苦手…という方も多いでしょう。とにかくPITTAタイプの人は、熱しやすく冷めやすいという性質と同じく、身体も同じような状態であることが多いので、温めすぎないということがポイントになります。
おすすめのアロマは、ジャスミンやレモングラスです。

そして最後にKAPA(カパ)水タイプの人です。
もともと身体に水分量が多いKAPA(カパ)水タイプの人は、夜より朝に熱めのシャワーで一気に脳を覚ます入浴法がもっとも適しています。
眠るのが大好きなKAPA(カパ)タイプな方たちは、朝の目覚めをスッキリとさせるために朝日を浴び熱めのシャワーで脳を覚ましてあげる刺激を与えることでその日1日を快適に過ごすことができます。
おすすめのアロマは、ユーカリやシダーウッドです。

なぜ美しいお肌を作ることができるのか?

内側から潤う美しいお肌をキープするには、毎日のお食事と睡眠そしてマインドこれは絶対的に大切な要素になってきます。

栄養のあるお食事をしっかりと吸収し、良質の睡眠をとる。
これは当たり前のこののようで、忙しい毎日を過ごしていると、実はついつい一番おろそかにしてしまいがちな生活習慣。

Fotolia_81643841_Subscription_Monthly_M

Photo:fotolia

1日の終わりの疲れをしっかりととり、良質な睡眠をとる準備の時間がバスタイム。
この時間に、日中の交感神経が優勢な身体から、眠っている間に優勢になる副交感神経へと切り替えていくことが内側から潤うお肌をキープできるキーポントになるのです。

お肌や身体の細胞が新しく生まれ変わる時間は、日中ではなく、眠っている間、つまり副交感神経が優勢な時間なので、睡眠の質はとっても大切なのです。

内側から潤うストレスフリーのキレイな美肌になれるビューティー入浴法。
ぜひお試しになってみてくださいね!

次回は、お風呂上がりやおやすみ前に飲むといい3つのドーシャ別おすすめスパイステイーのご紹介です。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。