歯医者さん知らず!オーラルケアの万能薬●●うがいがすごい

私は日常的に重曹とクエン酸で炭酸足湯や炭酸シャンプーをしており、これまでに皆様にもご紹介してきておりますが、今日は重曹を使った口内ケアのテクニックをオススメします。

歯医者さん嫌いにオススメ!オーラルケアの万能薬♪

いきなりですが、重曹うがいは

  • 虫歯を予防できる
  • 歯周病が予防できる
  • 口臭がなくなる
  • 口の中のベタベタがなくなる
  • 歯の黄ばみが落ちる

といいことづくめのテクニック!

ですが、気になるテクニックの紹介の前に、まずは重曹の特徴とその効果からご説明いたします。

重曹の特徴と効果

重曹は「炭酸水素ナトリウム」です。
英語ではbaking sodaと呼ばれ、ベーキングパウダーの主成分は重曹なのです。
(重曹に助剤を加えて、少量の重曹で効率よく炭酸ガスが発生するように工夫したものが、ベーキングパウダーです)

特徴として、熱を加えると水と二酸化炭素に分解され、食用としては「ふくらし粉」としてパンや焼き菓子作りに用いられます。

弱アルカリ性のため、酸を中和する効果、脱臭効果があります
そのため掃除や洗濯にも活躍、使用している方も多くいらっしゃると思います。

また酸性の性質を持っている「油汚れ」もアルカリ性の性質のある重曹が中和します。
さらに粒子が硬すぎないため物を傷つけない研磨剤としても利用されているという優秀な存在なのです。

image02

重曹うがいの効果

虫歯の原因は、食べかすなどの糖質から虫歯菌が作り出す「酸」。酸には物を溶かす作用があり、これによって虫歯となってしまいます。
重曹うがいをすることによって、アルカリ性が口内の酸を中和してくれ、虫歯の予防をすることが出来るのです。

また、酸を中和するため、コーヒーを飲んだ際の「酸化」に起因する口臭などにも効果を発揮してくれます。

重曹には汚れを落とす作用もあるので、歯の黒ずみや黄ばみへの効果あります。

適量を使用していれば歯や口内にダメージを与えることもありません。
ただし!先にも触れましたように、研磨剤のような作用がありますので、歯磨き粉代わりにした重曹をつけての歯磨きは、歯のエナメル質を傷つけ、知覚過敏になったり、かえって汚れがつきやすくなってしまうのでオススメいたしません!

image00

重曹水の作り方とうがいの方法

重曹うがいには、工業用のものではなく、必ず「食用グレード」をご使用下さい。

水道水100ccに対して小さじ半分の食用重曹を入れ、よく溶かします。多く溶かせば良く効くというわけでもないので、適量を守りお試し下さい。

ほんのりしょっぱい味ですが、そんなに強いクセはありません。重曹には防腐作用がありますので、2日程度の作り置きは可能です。

500mlのペットボトルに水とティースプーン1杯ほどの重曹を入れ、よく振ってかき混ぜます。※衛生上、直に口をつけるのは避けて下さい。
作った重曹水をコップに入れ、30秒ほどクチュクチュうがいするだけです。

ペットボトルに入れて持ち歩けば、出先で歯磨きが出来ない時にも、お口の中をスッキリさせることができます。
歯磨きの前に重曹うがいをすると歯垢が取れやすくなります。また歯磨き後に重曹うがいをすれば口の中に重曹の効果が残り、口の中の酸性を中和し虫歯を予防しやすくなります。

image03

理想は歯垢が取れやすくなるよう歯磨き前に1~2分くらいじっくりとクチュクチュうがい、歯磨き後に30秒程度クチュクチュうがいが理想的です。

コスパも優秀で、多くの効果の期待ができる万能な重曹うがい、ぜひ取り入れてみて下さい!

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。