これを食べていれば太らない?脂肪を燃やす食事があった!

年々痩せにくくなってきたと悩んでいる人は居ませんか?太らないためには食事のカロリーもですが、食べ方や素材の選び方も重要です。脂肪を燃やしてくれる素材と食事法をマスターして、太りにくいカラダをめざしましょう!

食前や食中に海藻を食べる

①

Photo:写真AC

海藻はダイエットに効果的ですが、カロリーが低いだけではありません。海藻に含まれるフコイダンは脂肪の吸収を抑えてくれ、フコキサンチンは脂肪がエネルギーになるのを助けてくれるんです!食事に関係するので、食前食事中に摂ると効果的です。

出典:脂肪燃焼&排出に効果大!海藻のダイエット成分Best3

いわしで脂肪燃焼能力をアップ

②

Photo:写真AC

いわしに含まれるバナジウムは、肝臓にはたらいて脂肪を燃焼しやすい状態にして体のエネルギーとして利用させる働きがあります。いわしの小骨に多く含まれているので、なるべく小骨ごと食べるようにしましょう。またビタミンCと一緒に食べると効果的です。

出典:いわしのバナジウム効果

キムチでカラダの中から燃やしやすく!

③

Photo:写真AC

キムチの唐辛子に含まれるカプサイシンは体の代謝をアップ。血行もよくし、エネルギー消費も上がります。またキムチは発酵食品なので、たっぷりの乳酸菌が含まれています。乳酸菌は腸内で不必要な脂肪や老廃物の排出を手助けしてくれます。

出典:キムチを食べると中性脂肪が下がるらしいですね。

アボカドの脂肪には不思議なはたらきが

④

Photo:写真AC

アボカドには不飽和脂肪酸であるオレイン酸が含まれています。オレイン酸は空腹を抑えるはたらきがあり、さらに摂取することで、3倍の脂肪を燃焼させることができるといわれています。カロリーだけを見ると敬遠しがちですが、適量をとっておきたい食材です。

出典:体脂肪を燃やすのに効果的な9つの食物とは?

鮭で食欲を正常にコントロール

⑤

Photo:写真AC

鮭に含まれるレプチンは食欲をコントロールするホルモンの量を増やして、食べ過ぎを防いでくれます。肥満気味の人はこのレプチンの受容体が反応しにくくなっているのです。また脂肪をつきにくくし、消費しやすくする働きも確認されています。

出典:ダイエットも戦略的に!?肥満に関わるホルモンの話

食べ物の栄養素を上手に利用して、効果的に脂肪を燃やしてスリムなカラダをめざしましょう!

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。