成功率がグ〜ンと上がる!絶対知りたいデートの誘い方3か条♡

「煌(キラメキ)★オンナ塾!」では、現代を生きる女子たちの恋愛・仕事・人間関係の役立ち情報を、私、岩瀬玲(いわせあきら)がコーチング、モデル、美容アドバイザー様々な視点にたってアドバイスさせて頂きます!
デートに誘いたいけれど断られたら嫌だ、恥ずかしい。
でもデートしたい、そんなあなたに成功率がグーンと上がる誘い方のポイントを3つをお伝えいたします!待ってるばかりじゃ幸せはやってきませんよ〜。

【その1】2択で誘おう!!

初めてのデートやあまりまだ仲良くなっていない状況でデートに誘うときはこういう誘い方をしましょう。

「ランチかディナーのどっちかに行きませんか?」

と。

2択にすると相手はどっちも断るのも悪いと言う心理が働きます。

カップル、デート中考える

Photo:fotolia

更に、いきなりディナーは気が乗らないけどランチならいいかなと思ってもらえる可能性が上がります。
ランチだろうがディナーだろうがとりあえずデートしないと話が始まらないのでランチでも十分です。

ただご飯食べに行かない?と誘うと行く、行かないの選択肢しか無いので断られる可能性も上がります。
この誘い方だと断ると言う選択よりランチかディナーどっちにしようかなと言う選択に相手の思考がなります。

【その2】理由をつける!!

デートに誘うのはもちろん相手に興味があり、会いたいからですが会いたいからと言うより他の理由を付けると効果的です。

例えば…

・新しいお店がオープンしたから行かない?

・映画のチケットをもらったから一緒にどう?

・期間限定であそこのお店で○○のメニューが食べられるんだけどどうかな。

と言う具合です。

Cinema Vintage. Clipping path included.

Photo:fotolia

人は関係ない事でも理由をつけられるとその気になるものです。

そして何故だか行かなきゃいけない気持ちになるのです。

両想いのカップルだったら必要ないですが、まだ片想いや相手を探り中の場合には是非。

【その3】日程の候補は3つ!!

いざ相手が乗ってきたら最後は日程調整。
ここでNGなのは、

「いつにするー?」

と言う誘い方。

相手があまり乗り気ではない場合このまま流れる可能性も。
そこでデートの約束を確定させるためには…

「○日か×日か△日だったらどれがいい?」

3つぐらい候補を出すことです。

Open Calendar

Photo:fotolia

候補日が少なすぎると相手がだめな確率が高く、多すぎると相手が選びきれません。

なので3つが妥当。しかも提案はこちらからするけれど、選んでいるのは相手なので相手も嫌な気持ちにはなりません。

もちろん何回も断られたりお返事が来ない場合はあきらめる必要もありますけど、この3つを実践すれば確実にデートできる可能性は上がります。

まずは会わなくちゃ始まらない!ぜひお試しください。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。