体質に合わせて!美肌をキープできるオイルやアロマの選び方

こんにちは。
アーユルヴェーダセラピスト・インストラクターの花咲 美幸です。
今日は「潤いプルプル美肌をキープできる体質に合わせたオイルや香り(アロマ)の選び方」を紹介します。
冬から春へと移り変わる季節、すこしずつ薄着になっていく中で、手首やひじ、ひざ、かかとなどお肌を見せる季節になる時に、内側から潤うプルプル美肌をキープできていると嬉しいですよね!

毎日のお風呂上がりや朝のお出かけ前などに、みなさんはどんな保湿方法を取り入れていますか?
好きな香りのクリームでなんとなく・・・という方、とっても多いと思います。

ですが、体質により、温めたほうがいい人と少し鎮静させたほうがいい人、オイルやクリームが向いている人と向いていない人など、美肌を一番キープできる方法は、その時の体質により変わるんです。
今のあなたの体質にあっている、オイルや香り(アロマ)のものにチェンジするだけで、お肌の潤いをキープしやすくなりますので、ぜひ取り入れてみてくださいね!

今のあなたのドーシャは何ですか?

まずは、今のあなたの体質をチェックしてみましょう!

アーユルヴェーダは、体質を「ドーシャ」という3つの生命エネルギーにわけて、健康な状態にある時にはこの3つのドーシャバランスがとれていると考えます。

ドーシャのタイプと、タイプごとの心身の特徴は以下のとおり。

  • VATA (ヴァータ) 風 タイプ・・・スリムで冷え性 行動的
  • PITTA(ピッタ) 火 タイプ・・・中肉中背 熱しやすく冷めやすいけれど情熱的
  • KAPHA(カパ) 水 タイプ・・・色白でぽっちゃりな穏やかな性格

キャプチャ

身病を防ぐ生活習慣を送ることで、この3つのドーシャバランスを保ち、病気になりにくい心身ともに健康な身体を維持することができます。

今のあなたにあてはまる特徴はありますか?

3つのドーシャ別 セルフマッサージにもっともあっているオイルや香り

  • VATA (ヴァータ) 風 タイプ・・・ゴマ油・アーモンド油
  • PITTA(ピッタ) 火 タイプ・・・ココナッツ油・オリーブ油
  • KAPHA(カパ) 水 タイプ・・・ホホバ油・マスタード油

image05

VATAヴァータタイプな方は、とにかく冷えや乾燥肌な方が多いので、身体のあたたまるアーモンドオイルやゴマオイルで温めながら保湿をたっぷりしてあげると潤いプルプル美肌をキープできます。

PITTAピッタタイプの方は、お肌表面は冷えていても身体の中に熱をこもらせやすいので少し鎮静効果のある、ココナッツオイルやオリーブオイルがおすすめです。

KAPHAカパタイプの方は、体内に水分を溜めやすくむくみやすい体質ですので、あまり重たくない、ホホバオイルでさっぱりと保湿をするといいです。

さらに香りをとりいれて内側から潤うプルプル美肌をキープ

VATA (ヴァータ) 風 タイプ・・・ゼラニウム・ローズ

image02

PITTA(ピッタ) 火 タイプ・・・ジャスミン・ペパーミント

image03

KAPHA(カパ) 水 タイプ・・・ユーカリ・パチュリ

image01

3つのドーシャ別の香り(アロマ)をオイルにプラスすると、心身ともにリフレッシュ効果でき、安眠にもつながりますので、翌朝のお肌の調子もUP間違いなし。

いかがでしたでしょうか?
普段、何気なくつけている保湿クリームやオイルを今のあなたにあっているものへチェンジするだけで
お肌の潤い方やハリ感が変わってきますので、ぜひお試しくださいね!

オススメ記事
ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。