Photo:stokpicCreative Commons

畑のミルク!?ダイエット効果抜群♡ブドウを味方につけよう!

ぶどうはヨーロッパでは「畑のミルク」と呼ばれているほど栄養価が高いとして知られています。ぶどうを食べる機会って実はあまりありませんよね。しかしぶどうの持つ驚くべき子ダイエット効果を知ったらきっと食べたくなるはずです。今回はぶどうの効果についてご紹介します。

栄養豊富なぶどう

①

Photo:写真AC

ぶどうに含まれるブドウ糖は体に入ると吸収されるのが早く、すぐエネルギーになるため、疲労回復に効果を発揮します。また、ビタミン、カリウム、鉄分など普段の食生活で不足しがちな栄養素を補うことができます。生でそのまま食べるのが最も効果的です。

出典:果物パワー

コレステロール値も下げる

②

Photo:写真AC

ぶどうはポリフェノールが豊富なフルーツで、このポリフェノールに加え、リノール酸オレイン酸などの成分はコレステロール値を抑える働きがあります。高血圧を防ぐことができるため、生活習慣病の予防に効果を発揮します。

血流もよくなる

③

Photo:写真AC

ぶどうのプロアントシアニジンには血管保護作用があり、血液がサラサラで血流が良くなる効果があることで知られています。血流がよくなると、体全体の新陳代謝が上がり、腸内環境の改善や肌トラブルの予防などが期待できます。

出典:ブドウのポリフェノールは、「キレイと元気の味方」って本当?

腸内環境をよくする

④

Photo:写真AC

ぶどうに含まれるポリフェノールに入っているカテキンには整腸作用があるため、腸が弱い人はぜひ取り入れたい食材です。また、ぶどうの持つ抗炎症作用のおかげで、下痢などの腸の炎症が原因の症状を抑えることも期待できます。

出典:わかさの秘密

ぶどうは1粒丸ごと食べる

Fotolia_69715484_Subscription_Monthly_M

Photo:fotolia

ぶどうのは食べないという人も多いと思いますが、実は皮や種にこそ栄養が豊富に含まれているため、1粒丸ごと食べるのが最も効果的なのです。丸ごと食べにくいという人は、冷凍庫で皮ごと凍らせてスムージーにして飲むと良いですよ。

出典:ブドウは「皮ごと」食べよう! 若返りポリフェノールは皮にしか含まれていない

いかがでしたか?これからはぶどうの効果を最大限に得るために皮ごと食べたいですね。

ALOEをもっと便利に
iPhoneアプリ! ★★★★★
NEW
ALOEをもっと便利に
Androidアプリ! ★★★★★
この記事が気に入ったら
いいね!してね。